[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブラウンはなぜ親日家になった? 日本語勉強法も紹介「カタカナと平仮名はできる」

ボキャブラリーを増やす勉強法「フラッシュカード」

 記事によると、ブラウンは最初は独学で日本語を学んでいたが、その後は大学などで勉強するようになり、平仮名とカタカナを学んだという。「大学では読みだけではなく、書くことも学んだよ。正直に話すとカタカナと平仮名はできるんだけど、漢字となると分かるのは20から30くらい」とも明かしている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 お気に入りの勉強法は「フラッシュカード」だという。日本では「単語カード」などとも呼ばれるもののようだ。ボキャブラリーを増やすことに役立つと感じているそうで、こう語っている。

「僕はそこから文の構造や文法を学ぶのが大好きだけれど、より多くの単語を学び習得することで、少なくともコミュニケーションを始めるための組み立てができると思う。正しく話すことができなくとも、相手はこちらの言わんとしていることを理解してくれるからね」

 国別対抗戦後には、ネイサン・チェンやブレイディ・テネルら米国チーム8選手による日本語の感謝動画をSNSに公開していたブラウン。競技を続けながらも、地道に語学の勉強に励んでいるようだ。

(THE ANSWER編集部)



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集