[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

演技で敗北? 後頭部パンチ痛がるボクサーに米注目「やる気なし」「俳優になるべき」

8日(日本時間9日)に米テキサス州で行われたボクシングのヘビー級の試合で、ある選手の“演技疑惑”が注目されている。後頭部にパンチを受けたと主張した選手が、負傷判定で敗北。米メディアが実際の映像を公開しているが、大きなダメージを受けていないようにも見えるシーンには米ファンから「かすっただけじゃん」「俳優になるべき」などとコメントが書き込まれている。

ナギー・アギレラ(左)とフランク・サンチェス戦のあるシーンに注目が集まっている【写真:AP】
ナギー・アギレラ(左)とフランク・サンチェス戦のあるシーンに注目が集まっている【写真:AP】

カネロ前座でのアクシデントに会場からブーイング

 8日(日本時間9日)に米テキサス州で行われたボクシングのヘビー級の試合で、ある選手の“演技疑惑”が注目されている。後頭部にパンチを受けたと主張した選手が、負傷判定で敗北。米メディアが実際の映像を公開しているが、大きなダメージを受けていないようにも見えるシーンには米ファンから「かすっただけじゃん」「俳優になるべき」などとコメントが書き込まれている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 会場は騒然となった。6回だ。フランク・サンチェス(キューバ)が振り回した右手が、ナギー・アギレラ(ドミニカ共和国)の後頭部付近に当たった。アギレラはすぐさまレフェリーにアピールすると、頭を押さえてロープにもたれかかるように膝をついた。その後、うつ伏せに倒れ込むと観客からはブーイング。立とうとするもバランスを崩して再び倒れた。痛みに顔をゆがめている。

 米スポーツ専門局「ESPNリングサイド」公式インスタグラムは、後頭部へのパンチの実際の映像を投稿。2本目にスロー映像も公開されているが、パンチが後頭部を強く殴りつけた訳ではないようにも見える。現地の解説は「パンチは左肩に強く当たった後に頭部に当たっている」「パンチの力は肩に伝わっており、その後頭に当たっている。反則にするには十分ではない」などと話している。

 アギレラは結局、試合に戻れず負傷判定負け。米スポーツ専門局「ESPN」などに寄稿するダン・ラファエル記者は「3人全員60-54でフランク・サンチェスの負傷判定勝ち。アギレラは見せかけの仕事をやってのけた。あの“パンチ”は頭には当たっていない。彼はただ審判を出し抜こうとした。彼は試合を終わらせたかった。やる気なし。2017年にポーランドでも同じことをやった」と自身のツイッターで伝えた。

 また米専門メディア「ボクシングシーン.com」のジェイク・ドノバン記者は「パンチはクリーンには当たっていないが、サンチェスの前腕がダメージの大部分を占めている。アギレラが演技しているかは分からないが、試合を終わらせる口実を見つけたと、議論の的になることは間違いない」とツイートしている。

 映像を目の当たりにした米ファンからは「オスカー賞だ」「かすっただけじゃん」「俺はこんなの嫌いだ」「俳優になるべき」「イイネとは思わない」「汚いな」「ひどい」などとコメントが寄せられている。カネロことサウル・アルバレス(メキシコ)の試合のアンダーカードとして行われた一戦。勝った28歳のサンチェスは18勝無敗(13KO)、敗れた34歳のアギレラは21勝11敗(14KO)となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集