[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ケンブリッジ飛鳥、左脚違和感で決勝欠場 ガトリンと対戦ならず「身体を作り直す」

陸上の東京五輪テスト大会「READY STEADY TOKYO」が9日、東京・国立競技場にて無観客で行われ、男子100メートルでは2004年アテネ五輪&17年世界陸上の金メダリスト、ジャスティン・ガトリン(米国)が10秒24(無風)で優勝した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は予選で10秒28を記録したが、決勝は左脚ハムストリングに違和感があったため欠場した。

予選では10秒28だったケンブリッジ飛鳥【写真:奥井隆史】
予選では10秒28だったケンブリッジ飛鳥【写真:奥井隆史】

予選では10秒28を記録

 陸上の東京五輪テスト大会「READY STEADY TOKYO」が9日、東京・国立競技場にて無観客で行われ、男子100メートルでは2004年アテネ五輪&17年世界陸上の金メダリスト、ジャスティン・ガトリン(米国)が10秒24(無風)で優勝した。ケンブリッジ飛鳥(ナイキ)は予選で10秒28を記録したが、決勝は左脚ハムストリングに違和感があったため欠場した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ケンブリッジは予選に第2組で登場。桐生祥秀(日本生命)がフライングで失格する波乱の中、10秒28(向かい風0.4メートル)を記録して1位となっていた。しかし、決勝は左脚ハムストリングに違和感があったために欠場した。

 ガトリンとの対戦は実現せず。ケンブリッジは「先月の出雲に引き続き、左脚ハムストリングに違和感がありましたので、大事をとって棄権させていただきます。山あり谷ありですが、万全な状態でレースへ挑めるよう身体を作り直して、次戦に挑みたいと思います」などとコメントしている。

 昨年は、8月に行われた大会の予選で3年ぶりに自己ベストを更新する10秒05をマーク。決勝でも10秒03で再更新し、成長ぶりを見せていた。今年は3月に10秒35をマーク。4月11日の出雲陸上でも全体トップの10秒35で予選を通過したが、決勝は左太腿の違和感で棄権していた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集