[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「逞しくなったって言われます」 肉体強化の“レイチェル”臼井麗香、初Vへ1打差2位

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが7日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で第2日が行われた。5位で出た黄金世代の臼井麗香(ディライトワークス)は5バーディー、ボギーなしの68で回り、通算8アンダーで1打差の2位に浮上。高橋彩華(東芝)が9アンダーで単独首位。

臼井麗香【写真:浜田洋平】
臼井麗香【写真:浜田洋平】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第2日

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが7日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で第2日が行われた。5位で出た黄金世代の臼井麗香(ディライトワークス)は5バーディー、ボギーなしの68で回り、通算8アンダーで1打差の2位に浮上。高橋彩華(東芝)が9アンダーで単独首位。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 臼井のショットが冴えわたった。前半11、12番はともに約150ヤードから1メートル弱につけてバーディー。13番も140ヤードからピンそばに乗せて1つ伸ばした。途中から雨が降り始めたが、6番で150ヤードからピン下3メートルにつけてバーディーを奪うと、最終9番パー5も80ヤードから1メートル弱につけてバーディーで締めた。

「ボギーがなかったこと、バーディーをコツコツと積み重ねられたことが嬉しいです。今日はアイアンショットがよかった。今までフィニッシュをとらなかったけど、とるように意識を変えた。一定のスイングをできるようにイメージを持ってやりました。気持ちをボールに乗せてしまうタイプなので、フィニッシュをとることで一定にしようとしました。毎試合どの試合でも全力でやっています」

 今年は9試合で予選落ちは2度だけ。3戦目のTポイント×ENEOSでは優勝争いの末に5位に入った。減りやすかった体重の管理に意識を置き、睡眠時間を今までの7時間半から10時間に。「睡眠をとれたことで体重が減らなくなったので、食べることと比例しているのだと思います」と明かした。さらに新しいトレーナーの下で肉体強化。これまでウェートトレーニングがメインだったが「地味なものをやる感じで、私にはそれが合っている。体が変わってきました。最近は『逞しくなった』って言われます」と笑った。

 渋野日向子(サントリー)らと同じ1998年度生まれの黄金世代。この日は、ウェアの柄に合わせて赤いリボンをなびかせた。メジャーでのツアー初優勝へ、「レイチェル」の愛称でファンに親しまれる22歳は「同い年がみんな勝っている中で焦りもあったけど、目の前のことをやることで結果がついてくればいいかな」と冷静なプレーを目指す。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集