[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

上田桃子が“135yスーパーイーグル”で2位 コース記録65「思い通り。スカッとした」

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが7日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で第2日が行われた。前週優勝した上田桃子(ZOZO)は1イーグル、7バーディー、2ボギーの大会コースレコードタイ65で回って通算8アンダー。14番では直接カップインする“スーパーイーグル”を奪い、ホールアウト時点で15位から暫定2位に浮上した。

上田桃子は暫定2位に浮上【写真:Getty Images】
上田桃子は暫定2位に浮上【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第2日

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが7日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で第2日が行われた。前週優勝した上田桃子(ZOZO)は1イーグル、7バーディー、2ボギーの大会コースレコードタイ65で回って通算8アンダー。14番では直接カップインする“スーパーイーグル”を奪い、ホールアウト時点で15位から暫定2位に浮上した。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 上田がミラクルショットを披露した。14番パー4だ。残り135ヤードのフェアウェーから9アイアンで放った第2打は、グリーンでバウンドすることなく直接カップイン。「ガシャン!」と音を響かせた。驚いたような表情を浮かべ、キャディーや同組の鈴木愛らとハイタッチ。1打差2位に浮上し、こう振り返った。

「思った通りの球。先週、(直接入れてホールインワンした)原英莉花ちゃんの前の組でガシャンと聞こえていた。打った感触もよくて、入った感じもよかった。スカッとしましたね。普通はカップの縁に跡がつくけど、それもないくらいの状態。本当に直接入った。『これがダンクショットか』という感じでした。先週の英莉花ちゃんが気持ちよさそうだと思っていたので、それをできたんだと思えました」

 茨城GC東Cでの「65」はこの日の高橋彩華、15年のイ・ボミ、16年のレキシー・トンプソンに並ぶ大会記録。「こんなにいいスコアで回れると思っていなかった。昨日よりグリーンも止まっていて攻めていけるホールがあった。良いゴルフだったと思う。一緒の組の鈴木愛ちゃん、ペ・ソンウちゃんが凄く良いゴルフをしていて、その流れに食らいついていく意識。高い集中力で回れて、終わってからこのスコアだったんだという感じです」と話した。

 前週は2019年のヨネックスレディス以来693日ぶりの優勝。USLPGA資格で出場した11年ミズノクラシックを含む通算16勝目だった。34歳でも若手に負けじと奮闘しているが、実はメジャーは未勝利。「一緒に回っている鈴木愛ちゃんも凄く淡々とゴルフをしていて、強い選手はこういう感じでメジャーを戦うんだと思いました。コースが難しいので、私も結果よりもやるべきことに集中している」と年下の賞金女王からも吸収している。

 勝負の決勝ラウンド。残り2日間へ「気持ちは冷静に、自分のゴルフスタイルはアグレッシブにいければ。ミスをなくして尻上がりによくなるようにできれば」と集中した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集