[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、10本塁打&30奪三振到達 2度達成はベーブ・ルース以来、102年ぶり記録

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3回の第2打席で2試合ぶりの一発となる10号2ランを放った。登板翌日に放った特大弾でメジャートップに並んだが、同一シーズンに10本塁打&30奪三振は大谷自身2度目。これはベーブ・ルースに並ぶ記録だという。

10号2ランを放った大谷翔平【写真:AP】
10号2ランを放った大谷翔平【写真:AP】

レイズ戦で特大10号、投手としては30奪三振

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地レイズ戦に「2番・DH」でスタメン出場。3回の第2打席で2試合ぶりの一発となる10号2ランを放った。登板翌日に放った特大弾でメジャートップに並んだが、同一シーズンに10本塁打&30奪三振は大谷自身2度目。これはベーブ・ルースに並ぶ記録だという。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 エンゼル・スタジアムの夜空に大きなアーチをかけた。3回2死二塁で迎えた第2打席、大谷は左腕フレミングの内寄りの92マイル(約148キロ)をコンパクトに、そして力強く振り抜いた。高々と舞い上がった打球は右中間席へ着弾した。

 即座にスタンドインを確信した大谷はゆっくりと歩き出すと、悠々とダイヤモンドを一周。飛距離428フィートで打球速度は107.6マイル(約173.1キロ)の特大の弾丸ライナー弾はメジャートップタイの10号2ランとなった。

 大谷は投手として今季4試合に登板し、18回2/3を投げて30奪三振。「ESPNスタッツ&インフォ」公式ツイッターではこう紹介している。

「MLBの歴史の中で、打者として10HR、投手として30奪三振を同一シーズンに達成したのは4回目のことである。1918年・19年のベーブ・ルース、2018年・2021年のショウヘイ・オオタニがその内訳である」

 大谷はメジャーデビューイヤーの2018年には22本塁打、63奪三振を記録。まだ5月とあって数字としては通過点だが、過去にベーブ・ルースが2度達成しているだけだという。

 この日は4打数2安打2打点、チームは終盤に中継ぎが崩れ3-8で逆転負け。5連敗となった。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集