[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

原英莉花、後半だけで「+5」 メジャー3連勝へ103位発進「乗らず、寄らず、入らず…」

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが6日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で開幕した。22歳の原英莉花(日本通運)が3バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの76で回り、4オーバーで103位と出遅れた。笠りつ子(京セラ)が6アンダーで単独首位。

4オーバーで103位と出遅れた原英莉花【写真:浜田洋平】
4オーバーで103位と出遅れた原英莉花【写真:浜田洋平】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが開幕

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが6日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で開幕した。22歳の原英莉花(日本通運)が3バーディー、5ボギー、1ダブルボギーの76で回り、4オーバーで103位と出遅れた。笠りつ子(京セラ)が6アンダーで単独首位。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 原は初日から好スコアとはいかなかった。前半は10番でボギー発進。14番で取り返し、18番パー5も飛距離を生かしてバーディーを奪った。しかし、後半1、2番でボギーを叩き、5番でもダブルボギーを喫した。さらに6、7番でも連続ボギー。最終9番でなんとかバーディーを奪ったが、4オーバーと大きく出遅れてこう話した。

「前半はまあまあで。でも、パッティングがなかなかしっくりこなくて一日終わってしまった。後半もったいなかったなと……。パッティングもそうですけど、ティーショットも安定していなくて、ラフから乗らず、寄らず、入らずみたいな。上手く流れを掴めずに一日終わってしまった」

 昨年は10月に日本女子オープン、11月にJLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを制し、国内メジャー2連勝中。3連勝すれば、1988年のツアー制施行後では2004-05年の不動裕理以来2人目だが、厳しい出だしとなった。それでも、課題は見えており「ティーショットのアライメントとパッティングの距離感。パッティングのストロークがイマイチで、目線が合ってないのでその辺を重点的に。これからパッティング練習に行ってきます」と前を向いた。

 4月に挑戦した海外メジャーは予選落ち。2週間の隔離期間を終え、前週が国内復帰2戦目だった。第2日にプロ初ホールインワンを達成したが、最終日に同じ13番でトリプルボギー。優勝した上田桃子(ZOZO)と1打差の3位に終わった。第2日の巻き返しへ「最後にバーディーを獲って明日に少し繋がったと思うので、しっかり予選を通過して週末頑張りたいと思います」と語った。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集