[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

小祝さくらがまさかの5パット、直後にOB…悪夢で85位出遅れ「行ったり来たりして…」

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが6日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で開幕した。23歳の小祝さくら(ニトリ)が5バーディー、3ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの75で回り、3オーバーの85位と出遅れ。笠りつ子(京セラ)が6アンダーで単独首位。

3オーバーの85位と出遅れた小祝さくら【写真:浜田洋平】
3オーバーの85位と出遅れた小祝さくら【写真:浜田洋平】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが開幕

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが6日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で開幕した。23歳の小祝さくら(ニトリ)が5バーディー、3ボギー、1ダブルボギー、1トリプルボギーの75で回り、3オーバーの85位と出遅れ。笠りつ子(京セラ)が6アンダーで単独首位。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 小祝が悪夢に見舞われた。イーブンで迎えた160ヤードの17番パー3。第1打はピンまで7メートルに乗せたが、そこから5パットした。やや上りの最初のパットは2メートルオーバー。返しのパーパットも2メートルオーバーし、ボギーパットもカップの1メートル先へ。ダボパットも2メートル越えた。

「行ったり来たりして……。真っすぐどうやって打ったらいいか分からなくなってしまって、短いのも入らなくなって。やっと2メートルぐらいのが入ってくれました。長かったです(笑)。(5パットは)今まであまり記憶にないです。たぶん初かもしれないですね」

 さらに直後の18番は第1打でOBを叩いてダボ。2ホールで5つスコアを落とした。後半は3バーディーで盛り返したが「もう本当に獲るしかないので、結構攻めてはいったんですけど、7番も1メートルぐらいのを外したりして……。なんかパットが酷いですね」と振り返った。

 今年は初戦と3戦目に優勝。2位が2度、3位と4位が一度ずつで20-21年シーズンの賞金ランクはトップを走る。「パットは今年ずっと酷くて。本当にパッティングで凄く入ったというのはないぐらい、今年はずっとパット、パットと言ってるんですけど。また明日頑張ります」と切り替えた。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集