[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、球速差37kmでドロン“強力カーブ”に米衝撃「無理」「フェアじゃない…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球と苦しみながらも7奪三振の力投を見せた。米投球専門家は、大谷が投じた100マイル(約161キロ)と球速差の大きいカーブを重ね合わせた映像を公開。縦に変化量も大きな投球に、米ファンからは「フェアじゃない……」「無理」などと反響が寄せられている。

レイズ戦に先発登板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レイズ戦に先発登板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レイズ戦で6回途中無失点、7奪三振の力投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球と苦しみながらも7奪三振の力投を見せた。米投球専門家は、大谷が投じた100マイル(約161キロ)と球速差の大きいカーブを重ね合わせた映像を公開。縦に変化量も大きな投球に、米ファンからは「フェアじゃない……」「無理」などと反響が寄せられている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 この緩急は打ちにくそうだ。大谷は左打者フランシスコ・メヒアに対し、外角100マイルの速球を投じた。これはファウルにされたが、続くカーブの変化量も凄い。縦に割れるような軌道を描いた77マイル(約124キロ)は、ワンバウンドしたにもかかわらずメヒアが空振り。球速差はおよそ37キロ、タイミングを外す効果的な一球だった。

 剛速球とカーブの投球を重ね合わせた映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏が自身のツイッターに公開。ほぼ変わらないフォームから投げられた全く違う球種に対し、米ファンからは「どうして全ての才能をもちあわせているのか?」「史上最高の才能を持った選手」「とにかくフェアじゃない……」「無理」「これを過大評価にしようとしているのは滑稽」などと反響が寄せられている。

 大谷は6回途中1安打無失点で、今季2勝目の権利を得て降板。しかし、チームは7回に逆転を許し1-3で敗れた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集