[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、視界から消える“急降下スプリット”で奪三振 米記者驚愕「地面に落ちた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦に今季4度目の先発登板。2日(日本時間3日)のマリナーズ戦で右肘に死球を受けた影響が心配されたが、2回には鋭く落ちるスプリットで空振り三振を奪うなど力投。実際の映像を米記者が公開し「地に落ちていった」「実にえげつない」などと驚きの声を上げている。

レイズ戦に先発登板しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レイズ戦に先発登板しているエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レイズ戦に先発登板

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦に今季4度目の先発登板。2日(日本時間3日)のマリナーズ戦で右肘に死球を受けた影響が心配されたが、2回には鋭く落ちるスプリットで空振り三振を奪うなど力投。実際の映像を米記者が公開し「地に落ちていった」「実にえげつない」などと驚きの声を上げている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 視界から消えるような落ち方だ。大谷は2回2死一塁、右打者アダメズの外角へスプリットを投じた。89マイル(約143キロ)で、ストライクゾーンから大きく変化。捕手が地面にミットをつける程まで急降下した。アダメスは中途半端なスイングで空振り三振。大谷は悠々とベンチへ引き揚げていった。

 実際の映像を、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。文面では「このショウヘイ・オオタニのスプリットは完全に地面に落ちていった。エグすぎる」と驚きをつづった。

 また「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者もツイッターでこの投球に注目。「ショウヘイ・オオタニのスプリット:実にえげつない」と文面に記すと、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏も自身のツイッターに映像を公開。「ショウヘイ・オオタニのダーティーな89マイルのスプリット」と文面に記載していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集