[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、203cm剛腕打ち砕く9号! 中越え130m弾に米記者驚愕「衛星をへこませた」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回の第3打席でリーグ最多タイとなる中越え9号2ランを放った。レイズの剛腕タイラー・グラスノーを粉砕する427フィート(約130メートル)の一発。実際の映像を、米メディアが公開したほか、米記者からは「人工衛星をへこませた」「何という一発」と驚きの声があがっている。

第3打席、中越え9号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第3打席、中越え9号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レイズ戦でリーグ最多タイとなる一発

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、レイズ戦に「2番・DH」で先発出場。6回の第3打席でリーグ最多タイとなる中越え9号2ランを放った。レイズの剛腕タイラー・グラスノーを粉砕する427フィート(約130メートル)の一発。実際の映像を、米メディアが公開したほか、米記者からは「人工衛星をへこませた」「何という一発」と驚きの声があがっている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 メジャー屈指の右腕を打ち砕いた。大谷は6回無死一塁の第3打席、身長203センチのグラスノーが投じた88マイル(約141キロ)を捉えた。センター方向に高々と打ち上げた大谷は、確信したように一塁へ向かう。打球は中堅に設置された植え込みを越える、9号2ランとなった。飛距離427フィート、打球速度は110.3マイル(約177.5キロ)の一撃。米実況席も「サヨナラ!」と日本語で興奮気味だ。

 実際の映像を、米ロサンゼルスのスポーツチャンネル「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。文面には「SAYONARA SHOHEI」とつづった。また、AP通信のグレッグ・ビーチャム記者は「ショウヘイ・オオタニ、センター後方の植え込みを越える打球を飛ばす。今季9号。人工衛星をへこませたかもしれない」と驚きをツイッターにつづった。

 また、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は打球速度を自身のツイッターで伝えるとともに「オオタニ、タイラー・グラスノーのボールをセンター植え込み越えのホームラン。何という一発」と注目していた。

 大谷はこの日、投手として先発する予定だったが、前日のマリナーズ戦で右肘に死球を受けた影響により登板を回避。初回の第1打席では中前二塁打、第2打席は空振り三振だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集