[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は持ち球全てが「屈指」 米記者が4球種データ紹介「横変化・球速差が最大」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」でスタメン出場し、投手としては5回3安打4失点で3年ぶりの白星を挙げた。米記者は大谷が投げる4球種がいかに優れているかを個別に注目。「No.1の空振り率」「球速差が最も大きい」などとデータで紹介している。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

26日レンジャーズ戦の投球データに注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、レンジャーズ戦に「2番・投手」でスタメン出場し、投手としては5回3安打4失点で3年ぶりの白星を挙げた。米記者は大谷が投げる4球種がいかに優れているかを個別に注目。「No.1の空振り率」「球速差が最も大きい」などとデータで紹介している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 どの球種を見ても優れているようだ。26日のレンジャーズ戦では初回に4点を失うも、2回以降は立ち直って無失点に抑えた大谷。剛速球に加え、高速で鋭く落ちるスプリット、キレのいいスライダー、120キロ前後で縦にドロンと変化するカーブなど、様々なボールで打者を翻弄した。

 今季3度目の登板で、2018年5月20日のレイズ戦以来となる勝利を手にした大谷。4球種に注目したのは、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者だった。実際の投球映像を自身のツイッターに公開するとともに「ショウヘイ・オオタニの投球の幅はMLB屈指のダイナミックさを誇る」と文面に記載。レンジャーズ戦で投じたそれぞれの球種について、以下のように紹介している。

 直球:先発投手の中で9番目の球速(156キロ)
 スプリット:MLB投手の中でNo.1の空振り率
 スライダー:スライダーの中で最も横変化が大きい(約29センチ)
 カーブ:直球との球速差が最も大きい(約36キロ)

 初登板では100マイル(約161キロ)を超える速球も投じていた大谷。剛球だけでなく、1つ1つの球種が大きな武器だとデータが証明しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集