[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

石川祐希が中学3年男子の「夢」をサポート お世話になったチームへ恩返し大作戦

発生から1年以上が経過しても、今なお世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。感染拡大を防ぐため、2020年は人々の日常生活に様々な制約が設けられ、我慢を強いられる場面も多かった。コロナ禍はスポーツ界にも大きな影響を与えた。それはプロの世界に限らない。アマチュアの世界はもちろん、小学生、中学生、高校生を対象とする大会も軒並み中止となってしまった。

バレーボール日本代表の石川祐希選手と清水大輔君
バレーボール日本代表の石川祐希選手と清水大輔君

コロナ禍で大会が中止、チームに何も残せなかったと感じる中学生を応援

 発生から1年以上が経過しても、今なお世界中で猛威を振るい続ける新型コロナウイルス感染症。感染拡大を防ぐため、2020年は人々の日常生活に様々な制約が設けられ、我慢を強いられる場面も多かった。コロナ禍はスポーツ界にも大きな影響を与えた。それはプロの世界に限らない。アマチュアの世界はもちろん、小学生、中学生、高校生を対象とする大会も軒並み中止となってしまった。

【注目】石川祐希が中学3年男子の「夢」をサポート / トップアスリートが夢を叶える企画「#DREAM with Team DESCENTE」特別ムービーはこちら

 かつてない困難に直面する毎日の中でも、スポーツを通じて「夢」に向かって前進する力を生み出せないか。そんな想いを持って立ち上がった3人のアスリートがいる。サッカー日本代表の柴崎岳選手、バレーボール日本代表の石川祐希選手、ソフトボール日本代表の上野由岐子選手だ。

 3人はトップアスリートが夢を叶える企画「#DREAM with Team DESCENTE」に寄せられた数多くの「夢」から、それぞれ1つを厳選。夢の実現に向けて、惜しみないサポートをした。3人に共通する想いは「『夢』には未来を切り拓くチカラがある」ということ。第2回は、現在はイタリア・セリエAのミラノで活躍する石川による、中学生の夢のサポートだ。

 ◇ ◇ ◇

 イタリアで活躍する日本バレーボール界のエースが、中学生の想いに応えるため立ち上がった。体育館に集まったのは、福井県で活動するクラブチーム「マケンザ!!」の選手たち。キャプテンを務める中学3年生の清水大輔君は大きなモニターの横に立ち、集まった仲間たちにこう語りかけた。

「今年はコロナの影響で試合もなくなり、練習も思うようにできなくて、悔しい想いをしました、そんな時、2年間お世話になったマケンザにエンブレムを作り、マケンザに残したいと考え、スペシャルゲストの方にも力を借りて、一緒に作っていただきました。そのスペシャルゲストとはこちらの方です」

 この時、モニターに映し出されたのは、バレーボール日本代表のエースであり、イタリア・セリエAのミラノで活躍する石川祐希選手だ。

「大輔君からチームのみんなへ感謝の気持ちを伝えたいということで、大輔くんとデサントと僕でマケンザのマークとユニホームをデザインしました」

 中学2年の時に福井へ引っ越してきた清水くんは、イタリアでプレーしていた元バレーボール選手の父に影響を受け、同じバレーボールの道を歩んでいる。引っ越し先で加わったマケンザ!!のチーム方針は「チームが勝つことよりも、個人個人が好きなバレーをもっと好きになってもらう」こと。監督やコーチはもちろん、チームメートに温かく迎え入れられ、すぐに打ち解けると、翌年にはキャプテンを任されるまでになった。

 だが、コロナ禍により、思うような練習ができず、大会は軒並み中止となってしまった。

 お世話になったクラブチームに感謝とスピリットを残したい??。

 そんな清水くんの想いに心揺さぶられたのが石川だった。滞在するイタリアからリモートで清水くんとのミーティングに参加。オンラインではあるものの、憧れの選手を目の前にした清水くんはやや緊張の面持ち。「緊張してる、まだちょっと?」と石川から尋ねられると、「めっちゃ緊張してます」と初々しく答えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集