[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

21歳田中希実は5000mで3位 ラスト800m“ギアチェンジ”に会場拍手も「納得できない」

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、タイムレースで行われた女子5000メートルでは、田中希実(豊田自動織機TC)が15分11秒82で全体3位だった。すでに五輪内定済みの本命種目。1500メートルとともに2種目で五輪出場を目指す21歳が力走した。ガテリ・テレシアムッソーニ(ダイソー)が15分06秒76で優勝、カリウキ・ナオミムッソーニ(ユニバーサル)が15分08秒07で2位だった。

田中希実(右)【写真:奥井隆史】
田中希実(右)【写真:奥井隆史】

織田記念国際、田中希実が五輪内定種目に出場

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、タイムレースで行われた女子5000メートルでは、田中希実(豊田自動織機TC)が15分11秒82で全体3位だった。すでに五輪内定済みの本命種目。1500メートルとともに2種目で五輪出場を目指す21歳が力走した。ガテリ・テレシアムッソーニ(ダイソー)が15分06秒76で優勝、カリウキ・ナオミムッソーニ(ユニバーサル)が15分08秒07で2位だった。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 序盤から先頭集団に入った田中は、1000メートルを2分59秒で通過。途中から先頭に立って集団を引っ張ると、4000メートルは12分18秒15だった。残り800メートルから猛スパート。明らかなギアチェンジに会場はどよめき、メインスタンド前を通ると拍手が沸き起こった。しかし、残り200メートル付近で首位を譲って15分11秒82のA組3着。乱れる呼吸を整えながら「ありがとうございました!」と叫び、レーンに一礼した。

 レース後の会見ではこう振り返った。

「シーズン初めの5000メートルでラストを大事にしたかったけど、しっかりイメージよく上げきることができず、納得できる走りではなかった。段階を上げて走れば15分切りは見えていたけど、勝負に徹する、でもタイムを出したいというのがあった。二兎を追って一兎も得られなかった。そういう走りができる力がついてなかった。ラスト200メートルで苦しくなって完全に止まってしまった」

 日本記録は05年福士加代子の14分53秒22。田中は19年秋のドーハ世界陸上5000メートルで自己ベスト15分0秒01をマークしていた。昨季は7月に3000メートルで2002年の福士を、8月に1500メートルで06年の小林祐梨子を上回る日本新記録を更新。今季は25日の兵庫リレーカーニバルまで6週連続でレースに出場し、実戦でレベルアップに励んできた。

 5月9日の五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO(国立競技場)」では1500メートルにエントリーしている。「5000だけでなく、1500と800も取り組みたいと思ってずっと大事にしている。取り組んでいる分、スピード持久力を生かしていきたい」と次を見据えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集