[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

三振した強打者が思わず爆笑 野手登板の“98km遅球”に米喝采「笑うの我慢できない」

28日(日本時間29日)の米大リーグ、ブレーブス―カブスの一戦で野手が登板。通算247本塁打の強打者を61マイル(約98キロ)の遅球で空振り三振に打ち取るシーンに場内は大歓声。三振に終わったフレディ・フリーマンが思わず大爆笑するシーンをMLBが公式インスタグラムで公開すると、米ファンの反響を集めている。

マウンド上で思わず笑顔のアンソニー・リゾ【写真:AP】
マウンド上で思わず笑顔のアンソニー・リゾ【写真:AP】

野手登板のリゾが強打者フリーマンを空振り三振に

 28日(日本時間29日)の米大リーグ、ブレーブス―カブスの一戦で野手が登板。通算247本塁打の強打者を61マイル(約98キロ)の遅球で空振り三振に打ち取るシーンに場内は大歓声。三振に終わったフレディ・フリーマンが思わず大爆笑するシーンをMLBが公式インスタグラムで公開すると、米ファンの反響を集めている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 10点ものビハインドを背負ったカブスが7回のマウンドに送ったのは、この日「1番・一塁」で先発していたアンソニー・リゾだった。先頭を一ゴロに打ち取り、続く打者は四球。迎えたのが強打者フリーマンだ。この日、リーグトップに1本差に迫る7号弾を含め、4打数4安打。そんな絶好調の左のスラッガーに対して、左腕のリゾはスリークオーター気味のフォームから外角に丁寧に投げてカウント2-2と追い込んだ。

 そして最後は外へ逃げていくような、61マイルのスローカーブ。完全にタイミングを外されたフリーマンのバットは空を切った。この結果に大爆笑するフリーマン。実況席も「ハッハッハッハッ」と大笑いし、スタンドも大盛り上がり。リゾもしてやったりの笑みをこぼしていた。

 対決の一部始終を、MLB公式インスタグラムは「友人のアンソニー・リゾがフレディ・フリーマンから三振。間違いじゃないよ」と添えて動画付きで公開。これにSNS上の米ファンも拍手喝采だ。

「リゾはローテーションに入ってるピッチャーよりいい」
「笑うのを我慢できない」
「これはすごい。偉大な2選手が大きな敬意を払ってる。大好き」
「この2人が試合を面白くしてくれた!!」
「リゾ>デグロム」
「ヘンドリックスよりいい投球するね」
「フレディ・フリーマンは野球界へのギフト」

 フリーマンを打ち取りマウンドを降りたリゾ。大差の敗戦の中でしっかりと期待に応えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集