[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、あと1インチだったフェン直二塁打に現地ファン困惑「HRじゃないのか?」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地のレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第2打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放った。飛距離379フィート(約115.5メートル)の打球はホームランまであとわずか。米記者は「あと1インチ(2.54センチメートル)でホームランだった」と動画付きで注目を寄せていたが、米ファンからは「これはホームランだった」などと声が上がるなど、反響が広がっている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

第2打席で逆方向へフェン直二塁打、米ファンからも集まる注目

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地のレンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第2打席で左翼フェンス直撃の二塁打を放った。飛距離379フィート(約115.5メートル)の打球はホームランまであとわずか。米記者は「あと1インチ(2.54センチメートル)でホームランだった」と動画付きで注目を寄せていたが、米ファンからは「これはホームランだった」などと声が上がるなど、反響が広がっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 あとほんの数センチだった。大谷は2回2死で迎えた第2打席。右腕ダニングのシンカーを捉えた。快音を残して逆方向へ跳んだ打球は左翼フェンスを直撃。大谷は悠々二塁へ到達した。

 フェンス上部に引かれた黄色のライン付近に当たる一打。本塁打でもおかしくない弾道だった。審判団もホームランかどうか迷ったようで、審判団がレビューのために映像を確認。インプレーと判定され、リーグトップの“8号弾”は幻となった。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者は自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニがレフトへ上手く二塁打。あと1インチでホームランだった。リプレーでも二塁打。打球は379フィート(115.519メートル)飛んだ」と伝えていたが、この一打は米ファンからも広く注目を集めている。

「ホームランだ」
「これはホームランだった」
「ルールが分からない」
「ホームランに見えるけどな」
「黄色のラインはHRじゃないのか? なんてこった」
「379フィート飛んでホームランじゃないのかよ(笑)」
「これがレンジャーズの選手だったらホームランになってたって誓って言えるよ……」

 この日は4打数1安打だった大谷。チームは4-3で勝利し、貯金を1としている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集