[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活V山縣亮太、ずっと使い続けた頭脳 苦しんだ秀才スプリンターの「徹底的」な2年間

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける復活V。過去2年は怪我や不調に苦しんだが、乗り越えた道のりには“考える力”があった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

復活Vの山縣亮太、予選のスタートから鋭い視線を見せた【写真:奥井隆史】
復活Vの山縣亮太、予選のスタートから鋭い視線を見せた【写真:奥井隆史】

織田記念Vの山縣亮太、苦しい時でも考え続けた

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける復活V。過去2年は怪我や不調に苦しんだが、乗り越えた道のりには“考える力”があった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 長いトンネルをぶっちぎった。全体トップで進んだ決勝。山縣は序盤から先頭に立ち、レースを引っ張った。桐生祥秀、多田修平を突き放す。後半に猛追してきた小池祐貴からも逃げ切った。予選からキレのある走りで復活V。地元・広島で“らしさ”を取り戻した。「自分が思っている結果に近いものだったのでよかった。安心しています」。レース後の会見では「安心」の言葉を繰り返した。

 過去2年間は苦しんだ。2019年は腰を痛め、同6月に肺気胸を発症。日本選手権、秋の世界陸上に出られず、同11月には右足首靱帯も断裂した。保存療法を選択し、冬にはトータル約5か月の米国合宿も敢行。常に上を見たが、20年も右膝蓋腱炎を抱え、10月の日本選手権でスタートラインに立つことはできなかった。

 トンネルの中にいても、考えることはやめなかった。広島の名門進学校、修道中・高を経て慶大に進学した異色ランナー。学業で得た“学び”を無駄にせず、PDCAサイクルを突き詰める力を陸上の競技力向上にも生かしてきた。「怪我や不調もあるけど、とにかく原因を徹底的に考え尽くすところがまず一つ」。この2年もスタイルは変わらない。体を思う存分使えないかわりに頭を動かした。

 今の自分に何ができるのか。「怪我の怖さは普段の練習からないわけではない」と不安は消えない。そんな状況でも理想を掲げ、足りないものをあぶり出し、できることからやり尽くす。ペンを握って机に向かったように、コツコツと走ることに向き合った。フォームの微修正を繰り返し、加齢で変化していく体に対応しながら爆発力も保持。「ただ、自分だけではうまくいかないので、チームや周りのサポートがあって初めてそれができる」と周囲への感謝も忘れない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集