[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

寺田明日香、6歳愛娘を泣かせた日本新 母娘で破った0秒01の壁「彼女の成長を感じる」

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、女子100メートル障害決勝では寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒96(追い風1.6メートル)の日本記録で優勝した。直後に6歳の愛娘とフィールドで記念撮影。約束を叶えた幸せなひと時は、母として娘の成長を感じる瞬間となった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

日本記録で優勝した寺田明日香は愛娘と記念撮影【写真:奥井隆史】
日本記録で優勝した寺田明日香は愛娘と記念撮影【写真:奥井隆史】

織田記念国際、女子100m障害・寺田明日香が1年7か月ぶり日本記録更新

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、女子100メートル障害決勝では寺田明日香(ジャパンクリエイト)が12秒96(追い風1.6メートル)の日本記録で優勝した。直後に6歳の愛娘とフィールドで記念撮影。約束を叶えた幸せなひと時は、母として娘の成長を感じる瞬間となった。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 最初は悔しさがこみ上げた。寺田は1位でフィニッシュ。表示された速報値は自己ベストタイの12秒97だった。「もうちょっとだったのに」。そうつぶやいた。1年7か月、あと一歩で破れない0秒01の壁。しかし、ゴールから27秒後だ。確定タイムは12秒96に修正。気づいた瞬間に「ぎゃ~」と叫び、手を広げて跳びはねた。

 感情を爆発させたのもつかの間、両手をおでこにかざし、スタンドに目をやる。一人娘の果緒ちゃんを探した。「おいで! 早くおいで!」。タイムが表示された電光掲示板との記念撮影。夫・峻一さんとフィールドに降りた長女はママの胸に飛び込んだ。抱っこされたまま一生懸命に涙を拭う。母娘で喜びをかみ締めながら会話した。

寺田「なんで泣いてるの?」

果緒ちゃん「嬉しくて……」

寺田「ありがとう」

果緒ちゃん「よかった……」

 フラッシュを浴びながら2人でピースサインを決めた。一緒に潤んでいたママの瞳。娘に力をもらって壁を破ったレース後、心境を明かした。

「嬉しいって言われた時に私もウルっと来ました。嬉しくて泣くというのが彼女の中にある。しかも、自分が走って記録を出したことに対して嬉しくて泣くというのは、母親として彼女の大きな成長を感じます。それを私ができたことも嬉しかった」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集