[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「みんなオオタニの話をしているけど…」 22歳大型右腕の“二刀流弾”に米メディア注目

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は“リアル二刀流”として現地を大いに沸かせている中で、ブレーブスの大型投手も打席で豪快な一撃を放ち注目を浴びている。米メディアが動画付きで公開している。

二刀流選手ウアスカル・イノアが本塁打を放った【写真:AP】
二刀流選手ウアスカル・イノアが本塁打を放った【写真:AP】

ブレーブスのイノアが6回途中無失点&豪快なソロアーチで沸かせる

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は“リアル二刀流”として現地を大いに沸かせている中で、ブレーブスの大型投手も打席で豪快な一撃を放ち注目を浴びている。米メディアが動画付きで公開している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 投手とは思えない打棒だった。28日(日本時間29日)のカブス戦、6点リードの4回無死だ。先頭で打席に立ったウアスカル・イノアがバットで魅せた。カウント1-1から低めへの変化球を引っぱたいた。高々と舞い上がった打球は左翼席へ。笑顔のイノアは悠々とダイヤモンドを回った。

 貴重な追加点をもたらしたイノアは、188センチ、100キロの大型右腕。ドミニカ共和国出身の22歳は“本職”では6回途中で4安打無失点。9三振を奪う快投で、2勝目を挙げた。投手が打席に立つナ・リーグでの出来事だけに、大谷と同列に扱うことはできないが、打撃でも10打数4安打と“9人目の打者”としても大暴れしている。

 米放送局「FOXスポーツMLB」の公式ツイッターでは動画付きでホームランのシーンを動画付きで公開。すると米ファンからは「ショウヘイ・オオタニって誰よ?」「ピッチャーの今季初ホームラン? もちろんオオタニは除いて」などと、冗談交じりのものも含めて大谷を意識する声が上がっていた。

 さらにかつて米放送局で司会者を務めていたスティーブン・グロス氏も自身のツイッターで、イノアが一発を放ったシーンをリツイートし「みんなオオタニの話をしているけど、ウアスカル・イノアはこれで打率4割になったぞ」と投稿し注目を寄せている。

 大谷の活躍により、投手のバッティングへの注目も増しているのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集