[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

復活V山縣亮太「射程圏内に入っている」 2年間の不調打破、五輪参加標準10秒05に自信

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける大会。雨中で気温15度前後の肌寒い気候となった中、復活を印象付けた。

10秒14で優勝した山縣亮太【写真:奥井隆史】
10秒14で優勝した山縣亮太【写真:奥井隆史】

織田記念国際、レース後の会見で喜び表現

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける大会。雨中で気温15度前後の肌寒い気候となった中、復活を印象付けた。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 小池祐貴が10秒26で2位、桐生祥秀が10秒30で3位、多田修平が10秒32で4位だった。3レーンの山縣は好スタートを切ると、序盤から先頭に立ち、ライバルの追撃を封じ込めた。レース後の会見では、喜びをこう表現した。

「とりあえず予選と決勝の2本を走れて、自分が思っている結果に近いものだったのでよかった。安心しています。これまでの2年間の不調のこともありますし、地元のレースで優勝できて非常に嬉しくて安心します。まだまだ(五輪参加標準の)タイムを切ったわけではないけど、久しぶりに凄く嬉しいレースでした」

 山縣は2019年6月の日本選手権直前に肺気胸を発症し、出場を取りやめた。秋の世界陸上に出られず、同11月には右足首靱帯も負傷した。保存療法を選択し、冬にはトータル約5か月の米国合宿も敢行。20年も右膝蓋腱炎を抱え、10月の日本選手権は出られなかった。近年は苦しんできたが、今年は2月に10秒39(室内)、3月には雨と寒さの中で10秒36(向かい風0.1メートル)をマーク。地元・広島の今大会で快走だ。

「スタートからレースを引っ張っていけるようなスタイルが強み。それはよかった。ただ、決勝でスタートから出て、途中でもたついた。もっともっとスタートに磨きをかけて、そこからいい流れで中盤もいいレースができれば記録も出ると思います」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集