[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

川口能活が1日5回体重計に乗っていた理由 43歳まで超ストイック貫いた「戦闘力」管理

サッカー元日本代表GKの川口能活さんが5月14日に行われる第2回「スポーツ×食 オンラインセミナー~世界と戦うアスリートだけが知っている 明日から『食』でもっと強くなる方法~」にゲストとして出演する。ワールドカップ(W杯)4大会に出場し、43歳まで現役生活25年を送った“炎の守護神”。食に関して超ストイックで知られた名GKはイベントに先立って「THE ANSWER」の取材に応じ、食にまつわる秘蔵エピソードを明かした。

川口能活さんが食にまつわる秘蔵エピソードを明かした【写真:松橋晶子】
川口能活さんが食にまつわる秘蔵エピソードを明かした【写真:松橋晶子】

超ストイックで知られた守護神が明かす食のエピソードvol.1

 サッカー元日本代表GKの川口能活さんが5月14日に行われる第2回「スポーツ×食 オンラインセミナー~世界と戦うアスリートだけが知っている 明日から『食』でもっと強くなる方法~」にゲストとして出演する。ワールドカップ(W杯)4大会に出場し、43歳まで現役生活25年を送った“炎の守護神”。食に関して超ストイックで知られた名GKはイベントに先立って「THE ANSWER」の取材に応じ、食にまつわる秘蔵エピソードを明かした。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ◇ ◇ ◇

 川口能活は食にこだわる。それは、サッカー通なら知っている。

「自分自身はストイックにやっていた感覚は正直ないんですが、考えて食事を取ることで、アスリートとして、サッカー選手として“戦闘力を上げられる”と信じていました。フィジカルは何も当たりが強い、筋力があるだけじゃない。速く動く、高く跳ぶ、それも一つの要素。

 例えば、脂っこいもの、甘いものを食べることで、太りやすくなる。それによって、理想の動きができなくなるリスクを考えた時、自分の戦闘力を高めるため、フィジカル・フィットネス能力を上げるために考えて食事を取っていました」

 食の意識が芽生えたのは、プロ1年目。清水商(現清水桜が丘)から横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に入団した時のこと。当時の日本代表GK松永成立らを擁した強豪クラブでレベルの高さに直面。「このままでは通用しない」と痛感した。

 当時は「食べたいものを食べて練習する」だった。ポテトチップスが好きで、炭酸入りのジュースも飲んでいたが、食の意識を変えた。同郷で良くしてもらっていた先輩・鈴木正治にトレーナーを紹介してもらい、トレーニングに加え、食事面のアドバイスに受けた。

「お菓子も炭酸もやめました。肉より魚を中心に摂り始めた。肉の場合は牛より鶏。脂肪の少ないものを意識して。パスタもカルボナーラが好きだったけど、クリーム系のものはやめて、和風のものにした。最初はストレスで口内炎になりましたが……(笑)」

 やると決めたら、徹底的にやる男。効果はてきめんだったという。2年目になると、自分の動きの変化に気づいた。

「プロのシュートに慣れたこともあるかもしれないけど、以前は届かなったボールが弾き出せるようになったり、動ける範囲や飛び出せる範囲が広がっていると感じたり。動きやすくなったし、疲れにくくもなった。そういう反応がすぐに出たので、食事は大事なんだと知ることができました」

 食の効果を感じ、そこから「サッカー選手・川口能活」に新たなルーティンができた。一つが、徹底した体重管理。朝食前、練習の前後、夕食前、就寝前と1日5、6回は体重計に乗った。現役時代のベストは77~78キロ。すべては「戦闘力」を高めるため。

「増えすぎても、減りすぎても、疲れやすくなったり、パワーが発揮できなかったりする」。2~300グラム単位で調整した。夏は1試合で2~3キロ落ちる。朝と夜は食事前に数字がベストより減っていれば、直後の食事量ですぐにカバーした。

「現役時代、食事は1日3食を摂るのはもちろんですし、5大栄養素を常に意識していました。試合前日は炭水化物を多めに摂って、試合後は糖質をしっかりと補う。体が消耗してよく噛んで食べるのは負担もあり、妻に頼んでカレーライスを用意してもらっていました。

 お酒は年に1回、チームの納会の時だけ。それ以外は基本、飲みません。若い頃、試合後にお酒を飲んで翌日のクールダウンの日に体が重かった。その時に飲まない方がいいなと感じて。それも、選手としての戦闘力に関わってくるので」

 川口さんがこだわったのは、日々の一食一食。それが、現役生活25年という長いキャリアを築く礎になった。

【川口能活さん、第2回「スポーツ×食 オンラインセミナー」登場】

 5月14日(金)午後5時から行われる今回のイベントは元競泳五輪代表の伊藤華英さんをMCに迎え、ラグビー・トップリーグなどに携わってきた公認スポーツ栄養士の橋本玲子氏と川口さんが対談。ストイックで知られた川口さんが自身の食の習慣やこだわりを明かす。3月に元ラグビー日本代表主将・廣瀬俊朗さんが登場し、応募者300人が集まった人気セミナーの第2回。未来のトップ選手を目指し、スポーツに励む子供を育てる保護者から、指導者、スポーツ愛好家などを対象に「“炎の守護神”の現役生活25年を支えた食のこだわり」をテーマに1時間行われる。

 参加費無料、応募は「THE ANSWER」公式サイトから(https://the-ans.jp/event/155625/)。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集