[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山縣亮太に及ばず3位 10秒30の桐生祥秀は淡々「誰がどうとか関係ない。自分に集中した」

東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける大会。雨中で気温15度前後の肌寒い気候となった中、日本代表有力選手たちが激突した。

桐生(左)は優勝した山縣に及ばず3位だった【写真:奥井隆史】
桐生(左)は優勝した山縣に及ばず3位だった【写真:奥井隆史】

織田記念国際で豪華メンバーが激突

 東京五輪まで約3か月となった中、陸上・織田記念国際が29日にエディオンスタジアム広島で行われ、男子100メートル決勝では山縣亮太(セイコー)が10秒14(追い風0.1メートル)で優勝した。最大3枠の五輪切符を争う6月の日本選手権(大阪)へ弾みをつける大会。雨中で気温15度前後の肌寒い気候となった中、日本代表有力選手たちが激突した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 小池祐貴が10秒26で2位、桐生祥秀が10秒30で3位、多田修平が10秒32で4位だった。3レーンの山縣は好スタートを切ると、序盤から先頭に立ち、ライバルの追撃を封じ込めた。桐生は伸びが足りず。レース後は「初戦でいろいろ感じることがあった。次から修正していきたい。シーズンの体にはなってきている」と話した。

 2013年の高校3年時に10秒01を出して一躍脚光を浴びた大会。この時以来、8年ぶりに織田記念でぶつかった山縣に敗れ「あんまり誰がどうとか関係ない。自分の走りに集中した」と淡々。今季は3月の日本室内選手権60メートルに出場したが、左膝裏の違和感で決勝を棄権。4月11日の出雲陸上は大事をとって欠場し、今大会が今季の100メートル初戦だった。「膝は問題なく走れた。スピード練習が足りなかったと思う」と話した。

 昨年は8月に10秒04をマーク。以降も安定した走りを見せ、同10月の日本選手権は10秒27(向かい風0.2メートル)で6年ぶり2度目の優勝に輝いた。今大会後は5月9日の五輪テストイベント「READY STEADY TOKYO(国立競技場)」などに出場予定。すでに五輪参加標準記録10秒05を突破している。「メインの日本選手権は先。そこに向けてしっかりやりたい」と切り替えた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集