[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、“バドワイザーシート”にぶち込む特大弾に指揮官感嘆「完全に打ち砕いた」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のアストロズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。8回の第4打席で2試合連発となる決勝の7号ソロを放った。飛距離440フィート(約134.1メートル)の特大弾で4-2の勝利に貢献した殊勲者を、指揮官は絶賛している。

決勝の7号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
決勝の7号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

特大の7号ソロにLA紙「バドワイザーシートにぶち込んだ」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地のアストロズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。8回の第4打席で2試合連発となる決勝の7号ソロを放った。飛距離440フィート(約134.1メートル)の特大弾で4-2の勝利に貢献した殊勲者を、指揮官は絶賛している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 手応えは十分だった。2-2の8回、先頭で迎えた第4打席。大谷は右腕ガルシアの外寄りのフォーシームを力強く振り抜いた。勢いよく飛び出した打球は大きな放物線を描き、バックスクリーン右のバドワイザーシートに着弾。勢いあまった球は、バックスクリーン方向へ大きく弾んだ。

 大谷は大きなストライドでゆっくりとダイヤモンドを一周。二塁ベース付近では左手を突き上げ、会心のガッツポーズを繰り出していた。

 チームの連敗を止める決勝弾を、米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は「オオタニは打席に入るとプレート外角の速球を440フィートのムーンショットでセンターのバドワイザーシートにぶち込んだ」と描写。さらにジョー・マドン監督が「バドワイザー席に飛び込んだのは初めてなのではなかろうか。完全に打ち砕いていたね」と絶賛したことも伝えている。

 さらに記事では「ミニッツメイド・パークでホームランを打った選手は他にもいるが、これほどドラマチックな1本というのは数少ない」と称賛を続けている。

 アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで放った一撃は大きな衝撃を与えているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集