[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全米OP4回戦進出の錦織圭 第1セット失うも、逆転劇の鍵となったものは

全米オープンテニスの男子シングルス3回戦で、世界ランク7位の第6シード錦織圭(日清食品)は世界ランク42位のニコラ・マユ(フランス)と対戦。

20160904_nishikori

マユを破り3回戦を突破、第1セットの苦境を切り抜けられた理由は?

 全米オープンテニスの男子シングルス3回戦で、世界ランク7位の第6シード錦織圭(日清食品)は世界ランク42位のニコラ・マユ(フランス)と対戦。4-6、6-1、6-2、6-2の逆転で勝利し、ベスト16による4回戦進出を決めた。2年前のファイナリストはいきなり第1セットを失う苦しい展開となったが、逆転劇の鍵となったものは何だったのか。

「今日は出だしが良くなかった。彼(マユ)はアグレッシブにプレーしていたし、ファーストセットはいいテニスをしていた。でも、そこから自分のリズムを取り戻し始めた。セカンドセットからはいいテニスができるようになった」

 逆転勝利を手にした錦織は、コート上でファンの歓声を浴びながらこう振り返った。そして、第2セットからの逆転劇の要因は、自らの武器が輝きを取り戻したことにあったと自己分析している。
 

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集