[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

3連続シュート直撃で悶絶 体張りすぎたDFに海外爆笑「マジでこんなこと起きたの?」

海外サッカーであまりに不運なDFが笑撃を呼んでいる。ドイツ1部ブンデスリーガ・ブレーメンの選手がゴール前で3回連続でボールが直撃。悶絶して立ち上がれないシーンを海外メディアが動画付きで公開すると、海外のサッカーファンからは「大爆笑」「マジでこんなことが起きたのか?」などと反響が集まっている。

ブレーメンのDFマルコ・フリードル【写真:Getty Images】
ブレーメンのDFマルコ・フリードル【写真:Getty Images】

ブンデスリーガで珍事、体を張ってシュート阻止する選手が話題

 海外サッカーであまりに不運なDFが笑撃を呼んでいる。ドイツ1部ブンデスリーガ・ブレーメンの選手がゴール前で3回連続でボールが直撃。悶絶して立ち上がれないシーンを海外メディアが動画付きで公開すると、海外のサッカーファンからは「大爆笑」「マジでこんなことが起きたのか?」などと反響が集まっている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 文字通り体を張ってゴールを守った。現地24日のウニオン・ベルリン戦。前半15分だ。ウニオン・ベルリンのロバート・アンドリッチがこぼれ球に反応。エリア内で強烈なシュートを放つと、これがブレーメンのDFマルコ・フリードルの腹部を直撃した。悶絶して崩れ落ちるが、これだけでは終わらない。

 跳ね返ってきたボールを再びアンドリッチがワンタッチでシュート。すると倒れているフリードルを再び直撃。しかも狙ったかのように同じ箇所だ。腹部を抑えたままのフリードル。さらにこぼれたボールをアンドリッチがグラウンダーの強いボールをクロス気味に送ると、またまたフリードルに当たってしまった。わずか8秒間で3度もボールが直撃。あまりに不運なオーストリア人DFはダメージを負い、しばらく立ち上がれなかった。

 3度シュートを放ち、3度同じ選手を直撃するシーンを、米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー専門ツイッターアカウントでは、「チームが1点を取ることを話し合ってください」と添えて動画付きで公開。海外ファンには笑撃が広がっている。

「伝説だ」
「3点!」
「ピンポンだ」
「大爆笑」
「マジでこんなことが起きたのか?」
「笑いすぎて死にそう」
「ゴールはそこじゃない」

 試合はウニオン・ベルリンが3-1で勝利。フリードルにとっては踏んだり蹴ったりの結果となってしまった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集