[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃の“最速記録” 昨季17勝右腕の“188km”に米震撼「記録した様子を見よ!」

米大リーグのクリーブランド・インディアンスに所属するトレバー・バウアー投手が、驚異の116.9マイル(約188キロ)を記録した。

インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】
インディアンスのトレバー・バウアー【写真:Getty Images】

インディアンスのバウアーが高強度トレーニングで球速188kmをマーク

 米大リーグのクリーブランド・インディアンスに所属するトレバー・バウアー投手が、驚異の116.9マイル(約188キロ)を記録した。MLB公式サイトの動画紹介コーナー「Cut4」が公式ツイッターで「トレバー・バウアーが高強度トレーニングで116.9マイル(!)を記録した様子を見よ!」と題してその瞬間を紹介し、話題を集めている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 オフシーズンの米球界から、サプライズニュースが届いた。

 半袖短パンにキャップ姿のバウアーが、短い助走をつけて、躍動感たっぷりにネットにボールを投げ込むと、壁に設置されたスピードガンの電光掲示板に表示された数字はなんと「116.9」。決定的瞬間を見守ったギャラリーからは、どよめきの声が上がった。

「Cut4」は公式戦で使用する5オンス(約142グラム)より軽い3オンス(約85グラム)のボールを使用した高強度トレーニングでの出来事で、同種のトレーニングにおける最速記録だったと紹介。昨オフ、100マイル以上の速球で知られるマイケル・コペック(シカゴ・ホワイトソックス傘下3Aシャーロット・ナイツ)が記録した110マイル(177キロ)を上回ったという。

 球速と言えば、気になるのは“あの速球王”の存在だ。2017年の平均球速が94.13マイル(約151キロ)とメジャー平均(93.19マイル)をわずかに上回るバウアーが計測したこの記録。記事でも、「(ニューヨーク・ヤンキースの)アロルディス・チャップマンがこのトレーニングを行ったら、いったい何キロを計測するのだろうか」と関心を寄せている。

 2011年ドラフト全体3位でMLB入りし、2017年には自己最多の17勝を挙げた26歳のバウアー。今回の記録で勢いに乗り、2018年にさらなる飛躍を果たせるだろうか。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集