[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 45歳葛西紀明、26年越しの“8度目五輪”に海外称賛「彼の五輪デビューは1992年だ」

45歳葛西紀明、26年越しの“8度目五輪”に海外称賛「彼の五輪デビューは1992年だ」

スキージャンプ男子の45歳、葛西紀明(土屋ホーム)が2月の平昌五輪で代表入りが確実となった。ソチ五輪個人ラージヒル銀メダルを獲得した「レジェンド」の8大会連続8度目という冬季五輪史上最多の偉業は、海外メディアに称賛されている。

スキージャンプ男子の45歳、葛西紀明【Getty Images】
スキージャンプ男子の45歳、葛西紀明【Getty Images】

「カサイは45歳だ」…史上最多記録に米脚光、ジャンプ大国の「kasaiラップ」に脚光も

 スキージャンプ男子の45歳、葛西紀明(土屋ホーム)が2月の平昌五輪で代表入りが確実となった。ソチ五輪個人ラージヒル銀メダルを獲得した「レジェンド」の8大会連続8度目という冬季五輪史上最多の偉業は、海外メディアに称賛されている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 冬季五輪史上初の8大会連続出場を確実とした「KASAI」の偉業は海外に轟いている。

「ノリアキ・カサイは冬季五輪記録となる8度目の出場を決める」と特集したのは、米テレビ局「NBCスポーツ」電子版だった。記事では「カサイは45歳だ。そして、彼のオリンピックデビューは1992年のアルベールビルだ」と足掛け26年に渡る驚きのキャリアが紹介されている。

 記事では、リュージュのトリノ五輪銀メダリスト、アリベルト・デムチェンコ(ロシア)は14年ソチ大会で7大会連続出場を果たし、葛西とともに記録達成の可能性もあったが、昨年12月にソチ五輪でのドーピング違反が発覚し、永久追放の後に引退したことを紹介。葛西が平昌五輪に出場すれば、単独で冬季五輪最多記録を更新することを伝えている。

「KASAI」の威光は、意外な形で欧州のジャンプ大国に広がっているという。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー