[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹のキャディーが海外で大注目 “何気ない感謝”に米記者「信じられない瞬間」

米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダー。日本男子初の海外メジャー優勝を成し遂げた。松山を支えたキャディーの早藤将太さんは、最終18番のピンを挿した後にコースに一礼。実際の映像を海外メディアが公開していたが、米記者たちからも「最高の瞬間」「信じられないような国際的瞬間」などと称賛されている。

マスターズ優勝を果たした松山英樹(右)と握手するキャディーの早藤将太さん【写真:AP】
マスターズ優勝を果たした松山英樹(右)と握手するキャディーの早藤将太さん【写真:AP】

松山のキャディーを務めた早藤さんの“お辞儀”が話題に

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダー。日本男子初の海外メジャー優勝を成し遂げた。松山を支えたキャディーの早藤将太さんは、最終18番のピンを挿した後にコースに一礼。実際の映像を海外メディアが公開していたが、米記者たちからも「最高の瞬間」「信じられないような国際的瞬間」などと称賛されている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 キャディーを務めた早藤さんの礼儀正しい行いに、海外から熱視線が送られている。松山がウイニングパットを沈め、大きな拍手がわき起こる感動の瞬間の後。18番のピンを挿した早藤さんは、グリーンのキャップを脱ぎ、コースに向かって丁寧に“お辞儀”。激闘の舞台へ、感謝の意を伝えたようだ。

 日本人らしいこのシーンは米誌「スポーツ・イラストレイテッド」公式ツイッターが実際の映像を公開するなど、様々な海外メディアに注目されていたが、米記者たちも賛辞を送っている。米専門メディア「ゴルフ.com」のショーン・ザック記者は「ヒデキ・マツヤマのキャディー、ショウタ・ハヤフジがピンを戻した後、帽子を脱いてお辞儀。なんて写真だ」と自身のツイッターで紹介した。

 米専門局「ゴルフチャンネル」のレポーター、ジョージ・サバリカス氏も自身のツイッターを更新。動画に対し「これは素晴らしい。マツヤマのキャディー、ショウタがマスターズで優勝した後コースにお辞儀」と注目すると、「ゴルフ.com」のジョシュ・バーハウ記者は「ヒデキ・マツヤマのキャディー、ショウタ・ハヤフジが旗を外してピンを戻し、お辞儀をした。彼の相棒はアジア出身で初めてマスターズで優勝。最高の瞬間」とツイートした。

 カナダ専門メディア「アルバーター・ゴルフ」のケビン・スミス記者は「マスターズでの信じられないような国際的瞬間。ヒデキ・マツヤマが日本人男子で初めてメジャーで優勝を果たした後、キャディーがピンを戻す際に帽子を脱いでお辞儀した」とツイッターに投稿。何気ないワンシーンだったが、海外では美しい瞬間として大きな反響を呼んでいるようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集