[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹のキャディーが思わぬ脚光 V直後に見せた“日本人らしさ”に称賛「何て瞬間」

米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝を成し遂げた。松山を支えたキャディーの早藤将太さんは、最終18番のピンを返した後にコースに一礼。実際の動画を海外メディアが公開し、「何て素晴らしい瞬間」などと称賛を送っている。

マスターズ初優勝を果たした松山英樹(右)とキャディーの早藤将太さん【写真:Getty Images】
マスターズ初優勝を果たした松山英樹(右)とキャディーの早藤将太さん【写真:Getty Images】

松山を支えた早藤将太さん、18番ホールでの行いが注目の的に

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝を成し遂げた。松山を支えたキャディーの早藤将太さんは、最終18番のピンを返した後にコースに一礼。実際の動画を海外メディアが公開し、「何て素晴らしい瞬間」などと称賛を送っている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 アジア人初のマスターズ制覇を成し遂げた松山。後世に残る偉業を隣で支え続けたのがキャディーの早藤さんだが、ある行動に大きな注目が集まっている。ウイニングパットを決め、大きな拍手がわき起こる感動の瞬間の後、18番のピンを挿した早藤さんは、グリーンのキャップを脱ぎ、コースに向かって一礼。感謝の意を表したようだ。

 日本人らしいこのシーンに注目したのは米誌「スポーツ・イラストレイテッド」公式ツイッターだった。実際の映像を公開し、「ヒデキ・マツヤマのキャディーは歴史的勝利の後、コースに一礼した。マスターズでの何て素晴らしい瞬間」と早藤さんの一礼に注目している。

 また、カナダ公共放送「CBCスポーツ」の公式ツイッターも「リスペクト! ヒデキ・マツヤマのキャディ、ショウタ・ハヤフジは18ホールでピンを返した後、コースにお辞儀をする」と実際の動画とハートの絵文字とともに伝えている。

 同じくカナダメディア「ザ・スコア」の公式ツイッターも「ヒデキ・マツヤマのキャディ、ショウタ・ハヤフジは18ホールのピンを戻した後、帽子を脱ぎ、コースに一礼する。何て瞬間なんだ」と紹介していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集