[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹、優勝インタビュー一問一答「黄色ならグリーンジャケットに似合うかなと」

米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝、そしてアジア人初のマスターズ制覇の快挙を成し遂げた。

マスターズで優勝した松山英樹【写真:Getty Images】
マスターズで優勝した松山英樹【写真:Getty Images】

マスターズ最終日、松山が日本男子初の海外メジャー制覇

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝、そしてアジア人初のマスターズ制覇の快挙を成し遂げた。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 2位に5打差をつけて迎えた勝負のバックナイン。12番パー3でボギーを打ったが、13番パー5ではアプローチでピンそば50センチに寄せバーディー。すぐにスコアを戻す。15番パー5では2打目でグリーンオーバーし池に入れてしまった。このホールボギーでリードは2打に縮まった。

 16番でも連続ボギー。正念場を迎えたが17番はパーセーブ。18番はボギーだったが、リードを守り切った。ウィニングパットを決め、パトロンからのスタンディングオベーションを送られた松山。感極まった表情を浮かべた。

 優勝後、テレビインタビューで喜びを口にした。一問一答は以下の通り。

――表彰式でグリーンジャケットを羽織って感情を爆発させていた。どんな気持ちだったか。

「本当は18番でやりたかったんですけど、表彰式で出来て良かったと思います」

――最終日どんな気持ちでスタートしていこうと考えていたか。

「本当に自分のベストを尽くすことだけ考えて、14アンダーから15まで行けば追いつかれないと思ってやっていました」

――1番でボギー、2番でバウンスバック。どんな心境だった。

「正直、1番のティーグランドいくまでは全然普通に行けたのかと思うのですが、ティーグランドに立って緊張した。2番でいいティーショット打ててそこから落ち着いてやれました」

―3番、4番、そして5番は素晴らしいパーセーブ。

「ミスパットなんですけど、そういうのも今週多かった。でも良かったと思います」

――一時は2位と5打差あった。

「ずっとチェックしていたが、後半難しくなってくると思っていた。緊張してなかなか簡単にバーディー獲れるような状態じゃなかったので、1つずつミスしないよう、しないようやっていた。最後ミスしましたが、まぁ良かったと思います」

――15番は2オンに挑戦。

「距離的に4アイアンだったので、3アイアンだったら刻もうと思っていた。シャウフェレも3連続(バーディー)だったので、ここでバーディー獲れば引き離せるかなと思ってましたが、裏目にでましたね」

――18番、上がってくる時はスタンディングオベーションだった。

「そうですね。2打差あってよかったなと思って上がっていました」

――ウェアの黄色

「あんまり、特に意味はないんですけど、黄色だったらグリーンジャケットに合うかなと思って。終わってみてそういう風になったんで良かったと思います」

――子どもたちへメッセージ

「やっと日本人でもできることが分かったと思う。僕もまだまだがんばるので、メジャーを目指して頑張ってもらいたいと思っています」

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集