[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

見るからに痛い顔面タッチ 不運なクロスプレーに米同情「まるで左フック」「無事?」

米大リーグは7日(日本時間8日)、オリオールズがヤンキースとの延長戦を4-3で制した。最後はアンソニー・サンタンダー外野手の同点を阻止するバックホームで試合終了。実際の映像をMLBが公開しているが、タッチがヤンキース走者の顔面に入ってしまっており「まるで左フック」「うわっ。そりゃ痛い」などと米ファンからコメントが寄せられている。

ホームベース付近で顔を抑えて苦悶するウルシェラ【写真:Getty Images】
ホームベース付近で顔を抑えて苦悶するウルシェラ【写真:Getty Images】

タッチアップで本塁を突いた走者にファン「恐ろしい」

 米大リーグは7日(日本時間8日)、オリオールズがヤンキースとの延長戦を4-3で制した。最後はアンソニー・サンタンダー外野手の同点を阻止するバックホームで試合終了。実際の映像をMLBが公開しているが、タッチがヤンキース走者の顔面に入ってしまっており「まるで左フック」「うわっ。そりゃ痛い」などと米ファンからコメントが寄せられている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 顔面に“一発”食らってしまった。ヤンキースは1点を追う延長11回、1死三塁の場面でラメーヒューが右翼へ飛球を放った。三塁走者ウルシェラはタッチアップ。ライトのサンタンダーは本塁へノーバウンドで好返球した。完全にアウトのタイミングだ。

 捕手セベリーノがこのボールを掴み、頭から滑り込んできたウルシェラにタッチ。ここでボールを掴んだミットが顔面に入ってしまった。痛いアウトで試合終了。不運にもダメージを受けたウルシェラは左腕で顔を覆うようにし、しばらく起き上がることができなかった。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。米ファンからは「見事な返球」「突っ込ませた三塁コーチャーがひど過ぎる」「ヤンキースの壊れた信号機の歴史は続く」などと言った反応のほか、「痛い」「まるで左フック」「顔に入ってる。顔に入ってる。ヤンキースの負け」「走者は無事なの?」「がっつり顔に入ってるの?! うわっ。そりゃ痛い」「恐ろしいプレーだ」などと走者ウルシェラに同情するコメントも書き込まれていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集