[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大迫勇也が「魔法を繰り出す」 完璧胸トラ→決勝Gをドイツ絶賛「値千金。まさに眼福」

海外サッカー、ドイツ1部ブンデスリーガのブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也が現地時間7日、ドイツ・カップ準々決勝のレーゲンスブルク戦で華麗な胸トラップから決勝ゴールを決めた。右足で強烈に放った実際の映像をドイツ公共放送が公開。他の地元メディアからも「まさに眼福」「魔法を繰り出す」などと絶賛されている。

決勝ゴールを決め味方と喜ぶ大迫勇也【写真:AP】
決勝ゴールを決め味方と喜ぶ大迫勇也【写真:AP】

ドイツ・カップ準々決勝で決勝ゴールをマーク

 海外サッカー、ドイツ1部ブンデスリーガのブレーメンに所属する日本代表FW大迫勇也が現地時間7日、ドイツ・カップ準々決勝のレーゲンスブルク戦で華麗な胸トラップから決勝ゴールを決めた。右足で強烈に放った実際の映像をドイツ公共放送が公開。他の地元メディアからも「まさに眼福」「魔法を繰り出す」などと絶賛されている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 大迫がテクニックを見せつけた。0-0で迎えた後半7分だ。ゴール前で、味方が右後方から蹴りこんだロングパスを、まずは華麗に胸トラップ。衝撃をうまく抑えて完璧に足元に落とすと、ピッチに落ちる前に右足でシュートを放った。強烈に打たれたボールはゴール左隅へ。見事な決勝ゴールが決まった。大迫もジャンプして喜びを表現している。

 実際の映像を、ドイツ公共放送ARDが放送するスポーツ番組「Sportshcau」が公式YouTubeに公開。1-0の勝利に導いた日本人へ、他の現地メディアも挙って称賛を送っている。大衆紙「ビルト」は「ブレーメンのヒーロー オオサコ!」と見出しを打って記事を掲載。また、ブレーメンの地元紙「クライス・ツァイトゥング」は試合後の採点で「2.5点」とチーム最高タイの評価を与え、寸評ではこう絶賛されている。

「中盤でパスの起点となり、ある時は10番として、またある時はFWとしてプレー。当然ボールを持つ回数も多かったが、レーゲンスブルクに厳しくマークされ、苦戦を強いられた。それでも食らいつき、彼にとって今季初得点、一見の価値ありのパーフェクトな先制ゴールを決めた。61分の好機は決められなかったが、それでもマッチウィナーは彼だ」

 地元週刊誌「フォークス」も「ヤーン・レーゲンスブルク-ヴェルダー・ブレーメン:オオサコとフリードルが魔法を繰り出す」「オオサコ、フリーでボールを受け冷静に。素晴らしく美しいゴール!」とゴール場面を描写した。

 スポーツ専門局「Sport1」は、動画の見出しとして「マッチウィナー・オオサコ! この夢のようなゴールがブレーメンを準決勝に導く」と記載。「ユウヤ・オオサコがドイツ・カップで値千金のゴール。日本人選手のゴールはまさに眼福」などと伝えていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集