[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平への故意死球を否定 敵軍バッテリー「最もやりたくないこと」「驚いたよ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アストロズ戦の8回に代打で出場。死球を受けて出塁し、勝ち越しのホームを踏んで7-6の勝利に貢献した。大谷に死球を当てたアストロズのバッテリーは試合後、「最もやりたくないことだね」などと故意死球を否定しているという。米記者が伝えている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

死球を与えたアストロズ・スミス「そんなことは考えていなかった」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、アストロズ戦の8回に代打で出場。死球を受けて出塁し、勝ち越しのホームを踏んで7-6の勝利に貢献した。大谷に死球を当てたアストロズのバッテリーは試合後、「最もやりたくないことだね」などと故意死球を否定しているという。米記者が伝えている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 二刀流の表情が珍しく強張った場面だ。エンゼルスが2点を追う8回無死一、二塁の場面。1ストライクからサイドハンドのスミスが投じた一球は、大谷の右太もも付近に直撃。大谷は一瞬、スミスに鋭い目線を向けるも、ゆっくりと一塁ベースへ歩いて行った。

 実際の映像を「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者が自身のツイッターに公開。また、米放送局「FOX26・ヒューストン」のスポーツ・ディレクター、マーク・バーマン氏は自身のツイッターで試合後のスミスのコメントをこのように伝えている。

「彼の(鋭い目を向けた)その様子は見ていなかった。(捕手の)マルドナドが一塁方向に歩いているので気が付いた。そんなことは考えていなかった。俺は既に走者を2人抱えていて、アウトも取っていなかった。俺はそんなことをしようと思っていない。最もやりたくないことだね」

 また、同記者は別の投稿で捕手マルドナドのコメントも同様に記載。「ああ、あれには驚いたよ」「我々が思っていたことと違ったことを彼は考えていたのかな。驚いた」と語っていたと伝えられている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集