[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は“言葉の壁”超える存在 米記者が日本の思い出回顧「私と寿司職人は…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場。初回の第1打席で豪快な2号ソロ本塁打を放った。投げても5回途中2安打3失点と勝ち投手にはなれなかったものの、渡米後最速タイの101.1マイル(約162.7キロ)を計測。大きなインパクトを与えた試合中、米女性記者は大谷の存在の大きさを感じさせる、日本でのある思い出を投稿していた。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

米記者が日本でのエピソード明かす「2人とも目を輝かせていた」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場。初回の第1打席で豪快な2号ソロ本塁打を放った。投げても5回途中2安打3失点と勝ち投手にはなれなかったものの、渡米後最速タイの101.1マイル(約162.7キロ)を計測。大きなインパクトを与えた試合中、米女性記者は大谷の存在の大きさを感じさせる、日本でのある思い出を投稿していた。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 打っては約137メートルの特大弾を放ち、投げては160キロを超える速球を見せた大谷。メジャーでは118年ぶりの「2番・投手」での躍動が各方面に衝撃を与えているが、この試合中、スポーツとカルチャーを扱う米ニュースサイト「ザ・リンガー」のメーガン・シュスター記者は、自身のツイッターに日本での思い出をこうつづっていた。

「私が日本にいた時、お互いの言語が分からないにもかかわらず、私と寿司職人は5分間ショウヘイ・オオタニの話をした。私たちは2人とも目を輝かせていた」

 寿司屋を訪れた時のエピソードだろうか。互いの言葉が通じなくても“SHOHEI OHTANI”という存在が2人の心を通じ合わせてくれたのかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集