[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が吼えた 感情爆発の咆哮シーンに米反響「ビックリした」「気合入ってる!」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場。打撃では初回の第1打席で右翼席中段へ137メートルの特大2号アーチ。投げては渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)を計測し、スプリット、スライダーも交えて5回途中2安打3失点、7奪三振を奪った。相手打者を三振に打ち取り、咆哮する瞬間の動画をMLBが公開。「ビックリした」「気合入ってる!」などと反響が集まっている。

「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
「2番・投手」で先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ピンチを切り抜け咆哮、珍しく感情をむき出しにするシーンにMLBも注目

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地でのホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場。打撃では初回の第1打席で右翼席中段へ137メートルの特大2号アーチ。投げては渡米後最速タイ101.1マイル(約162.7キロ)を計測し、スプリット、スライダーも交えて5回途中2安打3失点、7奪三振を奪った。相手打者を三振に打ち取り、咆哮する瞬間の動画をMLBが公開。「ビックリした」「気合入ってる!」などと反響が集まっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 大谷の感情が爆発した。2点リードの4回2死一、二塁のピンチで打席にはロベルト。2ストライクからの3球目、低めに沈む92.6マイル(約149キロ)のスプリットを振らせ切り抜けた。その瞬間、大谷は吼えた。スタジアムに響き渡るような言葉にならない叫び声を上げ、力強くガッツポーズを繰り出した。

 背番号17が咆哮するシーンにMLBも注目。公式ツイッターで「もの凄いエグさ」と添えて実際の動画を投稿すると、米ファンからは「気合入ってる!」「力強い…」「感情表わすのは良いね」「咆哮にビックリした」「この男、驚異的」「オオタニを嫌うのは不可能」「ショウヘイの咆哮は日曜日に必要なもの」などと反響のコメントが集まっている。

 5回にはヒヤリとする交錯シーンもあったが、試合後は軽傷を強調した大谷。今年は吼えるシーンを目にする機会が増えるかもしれない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集