[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

海兵隊出身王者がKO防衛 超速アッパー&打ち下ろす左に米感嘆「こんなに危険だとは」

ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチが3日(日本時間4日)、UAEドバイで行われ、王者ジャメル・ヘリング(米国)が3階級制覇を目指した挑戦者カール・フランプトン(英国)に6回TKO勝ち。3度目の防衛を飾った。アッパーでダウンを奪い、左ストレートで仕留めるフィニッシュシーンを米興行大手「トップランク」が公式SNSで動画付きで公開。海外ファンの喝采を浴びている。

ジャメル・ヘリングがKO勝ちで防衛成功【写真:AP】
ジャメル・ヘリングがKO勝ちで防衛成功【写真:AP】

ヘリングがフランプトンを撃破、決着シーンを米TRが公開

 ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチが3日(日本時間4日)、UAEドバイで行われ、王者ジャメル・ヘリング(米国)が3階級制覇を目指した挑戦者カール・フランプトン(英国)に6回TKO勝ち。3度目の防衛を飾った。アッパーでダウンを奪い、左ストレートで仕留めるフィニッシュシーンを米興行大手「トップランク」が公式SNSで動画付きで公開。海外ファンの喝采を浴びている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 圧巻の内容で強敵を撃破した。ヘリングは5回、素早いモーションで放った左のアッパーで顎を打ち抜き、フランプトンをキャンバスに転がすと、決着は6回。体格で勝るヘリングはじわじわと前に出ながら圧力をかけ、最後は打ち下ろしの左ストレートをヒットさせた。

 フランプトンはダウンこそしなかったものの、コーナーからたまらずタオルが投入され、ヘリングが3度目の防衛に成功。キャンバスに跪き歓喜に浸った。

 トップランクは公式インスタグラムで「アッパーカット、そしてフィニッシュ。ジャメル・ヘリングが熟練した技でショーを閉幕させた」と記して動画付きでKOシーンを公開。これに米ファンからは「素晴らしいフィニッシュ」「美しいKO」「ヘリングにとって最高のパフォーマンスだった」「ヘリングがこんなに危険な選手だとは知らなかった」「ヘリングは野獣だ」「エグいわ」「エゲツないアッパーカット」などと称賛が集まっている。

 元海兵隊出身のヘリングは2019年に伊藤雅雪から王座を奪取。3度目の防衛戦で最強の挑戦者を迎えたが、王者の貫禄を見せつけた。戦績は23勝(11KO)2敗。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集