[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アスリートの「セカンドキャリア問題」を考える 廣瀬俊朗の回想「もっと考えていれば」

「THE ANSWER」はスポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんがスペシャリストの一人を務め、スポーツにまつわる話題を豊富な知見を活かして定期連載で発信する。

アスリートのセカンドキャリアについて語る「THE ANSWER」スペシャリストの廣瀬俊朗氏【写真:松橋晶子】
アスリートのセカンドキャリアについて語る「THE ANSWER」スペシャリストの廣瀬俊朗氏【写真:松橋晶子】

「THE ANSWER スペシャリスト論」ラグビー・廣瀬俊朗

「THE ANSWER」はスポーツ界を代表する元アスリートらを「スペシャリスト」とし、競技の第一線を知るからこその独自の視点でスポーツにまつわるさまざまなテーマで語る連載「THE ANSWER スペシャリスト論」。元ラグビー日本代表主将の廣瀬俊朗さんがスペシャリストの一人を務め、スポーツにまつわる話題を豊富な知見を活かして定期連載で発信する。

 今回のテーマは社会問題となりつつある「アスリートのセカンドキャリア」について。現役時代はラグビー日本代表のキャプテンを務め、引退後は様々なジャンルに活動の場を広げる廣瀬さんが考える、“第2の人生”へ向けて必要なこととは。(文=THE ANSWER編集部・角野 敬介)

 ◇ ◇ ◇

 アスリートはアスリートでなくなった時に、何ができるのだろうか――。ここ最近、アスリートのセカンドキャリア問題が社会問題化している。

 競技のキャリアを生かして解説やコメンテーターを務める。または指導者として後進の指導に当たる。裏方としてチームに残る。トレーナーなど、スポーツ経験を生かせる仕事に就く。全く違う道に進み、サラリーマンに転身したり、起業する人もいる。ただ現役時代のようなスポットライトを浴びる機会は、減る人が圧倒的に多いだろう。また人によっては就ける職の選択肢が限られているかもしれない。

 戦力外通告を受けた選手を追ったドキュメンタリー番組がある。妻や子、家族を抱え、人生の岐路に立つ男たち。程度の差はあれ、そこにはどことなくネガティブな空気が漂う。

「引退後の人生のほうが長い」とはよく言われること。現役時代から引退後を見据えて、どんな準備をしておく必要があるのだろうか。

 ラグビー日本代表のキャプテンとして活躍。現役引退後は東芝のコーチを務めながらビジネス・ブレークスルー(BBT)大学大学院で経営学を学びMBAを取得。東芝を退社後は俳優、ニュース番組へも出演するなど精力的に活動の場所を広げている廣瀬さんの考えを聞いた。

「僕自身も現役の時から次のキャリアをしっかり決めていたという感じではなくて、ぼんやりしていた。もう少しちゃんと考えていれば良かったと感じているところもあります。それもあって今色々な事に挑戦しているところもある。現役中から、次に(引退後に)挑戦したいことが決まっていると、現役時代のファンもついてくる。

 現役の内から社会貢献や、事業に携わってきたような経験があると、引退後のイメージもまた違ってくるのかなと思います。僕が現役だった当時は、コロナ禍の今のように、オンラインで自宅から人と繋がれるという機会はありませんでした。今となれば、もっと色々な人に会っておけば良かった。色々な人と話して、もう少し自分の思いなどをアウトプットできれば良かったのかなとは感じています」

 日本のスポーツ界はまだセカンドキャリアについて考えづらい環境だ。先のことよりも、目の前の事にだけ集中することを求められがち。学校の部活動から、そんな教育を受けてきた人が多いのだから無理もない。

 廣瀬さんも「教育が大きいと思います」と言う。ラグビーを例に出し「日本では小さい頃からラグビーだけに集中しろという教育を受けますよね。例えばニュージーランドのチームでは、次のキャリアを考えるようなディスカッションがあります。そういった環境の違いは大きい」とうなずく。

 また「日本の風土として、周囲がアスリートを必要以上に持ち上げるところがあるのかもしれません。ただ現実は違う。(現役時代から)現実を理解する必要があるのかなと」と冷静に指摘する。ちやほやする周囲の声によって、自分を見失ってしまうこともあるのかもしれない。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集