[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

落差が「すげえキモい」 新人王右腕の“魔球チェンジ”に米唖然「見た中で最高の1球」

米大リーグで昨季、ナ・リーグ新人王を獲得したデビン・ウィリアムズ(ブルワーズ)の魔球が驚愕を呼んでいる。26日(日本時間27日)、ホワイトソックスとのオープン戦に登板。“エアベンダー”の異名を取る、大きな落差を誇るチェンジアップで空振り三振に打ち取る瞬間を、米国の名物セレブが動画付きで脚光。「すげえキモい」などと米ファンを唖然とさせている。

デビン・ウィリアムズ【写真:Getty Images】
デビン・ウィリアムズ【写真:Getty Images】

昨季の新人王ウィリアムズのチェンジアップに脚光

 米大リーグで昨季、ナ・リーグ新人王を獲得したデビン・ウィリアムズ(ブルワーズ)の魔球が驚愕を呼んでいる。26日(日本時間27日)、ホワイトソックスとのオープン戦に登板。“エアベンダー”の異名を取る、大きな落差を誇るチェンジアップで空振り三振に打ち取る瞬間を、米国の名物セレブが動画付きで脚光。「すげえキモい」などと米ファンを唖然とさせている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 凄まじい落差だ。7回1死、26歳の長身右腕が思い切って腕を振った1球は高めから、打者の手元で急激に沈み込む。左打席のマルコ・ヘルナンデスはスイングに行くが、バットにかすらせることすらできない。

 これは現地では“エアベンダー”と呼ばれ、スライダーの回転でスクリューのように曲がり落ちるチェンジアップだという。

 MLB屈指のセットアッパーが誇る絶対的なウイニングショットの映像を、「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役の米大リーグ選手や米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が自身の公式ツイッターで脚光。「デビン・ウィリアムズ、驚異のエアベンダー」と添えて投稿すると、米ファンの驚愕を呼んでいる。

「自分がこれまで2つの眼で見た中で最高の投球かもしれない」
「リモコンはどこ?」
「このホップ大好き」
「カーショウのカーブみたいだ」
「えぐい」
「すげえキモい」
「真面目に、これまで見た中で最高のチェンジアップ」
「これまで投じられた中で最高の一球」

 ウィリアムズはメジャー2年目の昨季、22試合に登板し4勝1敗、防御率0.33でナ・リーグ新人王に輝いている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集