[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織の得点に「ショックを受けています」 フリーの「137.42点」に米記者疑問視

フィギュアスケートの世界選手権は26日(日本時間27日)、スウェーデン・ストックホルムで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位の坂本花織(シスメックス)は137.42点、合計207.80点で6位だった。思うように伸びなかった得点に、米記者は「サカモトのスコアにショックを受けています」と振り返っている。

6位の坂本花織【写真:AP】
6位の坂本花織【写真:AP】

ほぼノーミス演技も137.42点、ウォン氏は「トルソワ以上でしょう」と評価も…

 フィギュアスケートの世界選手権は26日(日本時間27日)、スウェーデン・ストックホルムで女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)6位の坂本花織(シスメックス)は137.42点、合計207.80点で6位だった。思うように伸びなかった得点に、米記者は「サカモトのスコアにショックを受けています」と振り返っている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 表彰台には届かなかった。坂本は前半の3回転フリップでややバランスを崩したが、後半には2回転アクセルからの3連続ジャンプなどを決めた。しかし、得点はやや伸び悩み、SPから順位を上げることはできなかった。これに米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は自身のツイッターで嘆き節だった。

 演技の直後には「よくやった! ルッツにエッジがあったかもしれないが、それでもトルソワ以上でしょう。その他も全て綺麗に回転していました。ターンアウトも軽快でした」と興奮気味に綴った。

 ただ、得点が出た後は一転して、「ごめんなさい。まだサカモトのスコアにショックを受けています。予想通り、ミスを指摘されたのがルッツ(エッジ)でしたが、TESが70点以下? そしてPCSが67.70だった」と69.72点にとどまったTES(技術点)に首をかしげていた。

 男子のSPでは羽生結弦(ANA)が106.98点で首位に立つも、欧州の識者からは「過小評価」との声が上がっていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集