[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

前田健太の“えげつないスライダー”に米注目 防御率は0.63「また素晴らしかった」

米大リーグ、ツインズの前田健太投手は20日(日本時間21日)、フロリダ州フォートマイヤーズで行われたレイズとのオープン戦に先発し、5回1/3で4安打1失点、6奪三振と好投した。現地メディアでは「またしても素晴らしかった」と称賛されている。

前田健太【写真:AP】
前田健太【写真:AP】

レイズ戦に先発し6回途中1失点、地元メディアは安定感に拍手

 米大リーグ、ツインズの前田健太投手は20日(日本時間21日)、フロリダ州フォートマイヤーズで行われたレイズとのオープン戦に先発し、5回1/3で4安打1失点、6奪三振と好投した。現地メディアでは「またしても素晴らしかった」と称賛されている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 前田が開幕投手へ順調な仕上がりをアピールした。初回2死では3番の左打者メヒアに対して、内角へ鋭く変化。軸足の左足に当たりそうなくらい変化するスライダーで空振り三振に切って取るなど上々の立ち上がり。2回に被弾したものの、その後も多彩な変化球を投げ分け、6回途中を1失点と上々の投球を披露した。

 今季のオープン戦では防御率0.63と抜群の安定感。米地元紙「スター・トリビューン」では「ケンタ・マエダがタンパベイとの春季キャンプでの2-1勝利で投球」との見出しで投球内容を伝える中で、「マエダは、春季最初のナイトゲームでも、またしても素晴らしかった」と称賛。さらに「完璧な春を過ごしていたマエダがホームランを許したことに、皆少し衝撃を受けた様子だった」と被弾に衝撃を受けたほどの安定感だったと評している。

「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役の米大リーグ選手や米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏も初回にメヒアから空振り三振を奪ったボールを「ケンタ・マエダ、えげつない82マイルのバックフットスライダー」と絶賛。次回が開幕前の最終登板となる予定だが、4月1日の開幕戦ブルワーズ戦へ向けて視界は良好だ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集