[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

池江璃花子、退院後初プールから1年 心境告白「元気に頑張る姿、想像してなかった」

競泳の池江璃花子(ルネサンス)がインスタグラムを更新。白血病の闘病が始まって以降、初めてプールに入った日から17日で1年が経ち、当時の画像を公開しながら「長いようで短かった」「転んだら折れちゃいそうなくらい細い」などと心境をつづっている。

池江璃花子【写真:Getty Images】
池江璃花子【写真:Getty Images】

池江璃花子がインスタグラムを更新

 競泳の池江璃花子(ルネサンス)がインスタグラムを更新。白血病の闘病が始まって以降、初めてプールに入った日から17日で1年が経ち、当時の画像を公開しながら「長いようで短かった」「転んだら折れちゃいそうなくらい細い」などと心境をつづっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 池江は3枚の画像を公開。プールに入り、カメラにピースサインを送っている。闘病が始まってから初めてプールに入った時だ。嬉しそうな笑顔を浮かべている。17日で1年が経ち、文面には心境をこう記した。

「退院後、初めてプールに入った一年前の今日。プールが新鮮で、塩素の匂いが懐かしいって感じてたな。あれから1年、長いようで短かったです。辛くて、苦しくて、でも楽しくて、誰よりも充実した日を過ごせたと思います! 1年前の自分は、1年後、今こうして元気に選手権に向けて頑張ってる、なんて想像もしてなかったな

 薬もたくさん飲んでたし、体も転んだら折れちゃいそうなくらい細いし、筋肉もないし…笑 当たり前じゃないことがいつの間にか当たり前になってて、自分の過去を思い出すけど今は前を向くしかないって思います。何が完璧でどこまで行ったら正解なのかは誰にもわからない、だから一歩ずつできるとこから頑張ります」

 池江は昨年8月にレース復帰。東京五輪代表選考会を兼ねた4月3日開幕の日本選手権では、50、100メートルの自由形と100メートルバタフライなどにエントリーしている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集