[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、カメラが“捉えきれない”場外弾に米記者驚愕「モンスターな1年を過ごす」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アリゾナ州テンピで行われたインディアンスとのオープン戦で2試合連発となる中越え4号2ランを放った。米記者はバックスクリーンを越える瞬間の動画を公開。カメラが“捉えきれない”打球の行方に「ダウンタウンまでかっ飛ばした」と驚き交じりにつづっている。

オープン戦で2試合連発となる4号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
オープン戦で2試合連発となる4号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷翔平がオープン戦で2試合連続となる4号2ラン、打球の行方に米記者注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、アリゾナ州テンピで行われたインディアンスとのオープン戦で2試合連発となる中越え4号2ランを放った。米記者はバックスクリーンを越える瞬間の動画を公開。カメラが“捉えきれない”打球の行方に「ダウンタウンまでかっ飛ばした」と驚き交じりにつづっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 どこまで飛ぶんだ。大谷は「2番・指名打者」で先発出場。衝撃の一打が飛び出したのは3回2死三塁だ。昨季投手3冠のサイ・ヤング賞右腕シェーン・ビーバーが投じた初球をフルスイング。打った瞬間に手応えがあったのか、ゆっくりと歩き出した。バックスクリーンを越える4号2ラン。カメラはバックスクリーン正面を映しており、はっきりとボールを追えていないようだ。

 球場奥にある建物の白い壁の前を、かすかに落ちて見えるボール。米大手放送局「NBCスポーツ」や米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」に寄稿するニック・ステッリーニ記者は、実際の動画を公開し「オオタニがビーバーの球をダウンタウンまでかっ飛ばした。今年のオオタニはモンスターな1年を過ごすだろう」と期待を寄せている。

 米ファンも「これは違法だ」「美しかった」と驚き。球団は飛距離464フィート(約141.4メートル)と発表した。この日、大谷は3打数2安打2打点。打者で出場したオープン戦全7試合で安打を放ち、打率.579とした。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集