[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

また審判への返球で退場に 渡邊雄太同僚への“不可解判定”に現地憤慨「冗談だろ?」

米プロバスケットボール(NBA)は14日(日本時間15日)、ラプターズは95-118でブルズに敗れた。この試合の終盤、ラプターズのカイル・ラウリーが、審判に返球した際の振る舞いが原因で退場となった。実際の動画を米メディアが公開すると、現地ファンから「冗談だろ?」「リーグを台無しにしている」などと審判への非難が集まっている。

ラプターズのカイル・ラウリー
ラプターズのカイル・ラウリー

ラプターズの大黒柱、ラウリーの退場に米メディアも注目「馬鹿げた退場」

 米プロバスケットボール(NBA)は14日(日本時間15日)、ラプターズは95-118でブルズに敗れた。この試合の終盤、ラプターズのカイル・ラウリーが、審判に返球した際の振る舞いが原因で退場となった。実際の動画を米メディアが公開すると、現地ファンから「冗談だろ?」「リーグを台無しにしている」などと審判への非難が集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 第4クォーター(Q)残り2分39秒だ。ラプターズがタイムアウトを取った際、自陣深くでボールを持っていたラウリーは、敵陣コートにいた審判へ向かってボールを投げた。悪意のある投げ方のようには見えなかったが、審判はこれに対してテクニカルファウル(TF)を提示した。

 この試合2度目のTFを受けたラウリーは、抗議するも判定は覆らず退場に。チームメイトに労われながらコートを後にした。

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」オーストラリア版は「『何もしていない』NBAのスター選手が馬鹿げた退場に怒り」と題して記事を掲載。試合後のラウリーのコメントを紹介している。

「審判について話したくないが、これはクレイジーなこと。自分の話すことについてはスマートでいたい。俺は何もしていない」と判定について話したというラウリーは、第3Qに受けた1つ目のTFについても言及。チームメートに対して「クソがんばってプレーするぞ」と声をかけただけだったと話したそうだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集