[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

206cm同僚をまたぐ ニックス新人“2人越えダンク”に米驚愕「伝説的」「なぜ負けた」

米プロバスケットボール(NBA)のオールスター戦が7日(日本時間8日)に開催され、「チーム・レブロン」が170-150で「チーム・デュラント」に勝利した。一方、恒例のダンクコンテストでは各選手がスゴ技を披露。ニックスの新人、オビ・トッピンは2人を飛び越えてのダンクを決めた。実際のスロー動画をNBAが公開。米ファンからは「伝説的だ」「なぜ負けたんだ」などと反響が寄せられている。

ニックスのオビ・トッピン【写真:AP】
ニックスのオビ・トッピン【写真:AP】

オビ・トッピンのジャンプ力にファン「最高のダンク」

 米プロバスケットボール(NBA)のオールスター戦が7日(日本時間8日)に開催され、「チーム・レブロン」が170-150で「チーム・デュラント」に勝利した。一方、恒例のダンクコンテストでは各選手がスゴ技を披露。ニックスの新人、オビ・トッピンは2人を飛び越えてのダンクを決めた。実際のスロー動画をNBAが公開。米ファンからは「伝説的だ」「なぜ負けたんだ」などと反響が寄せられている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 跳躍力を見せつけた。自身の父と、ニックスの同僚で身長206センチのジュリアス・ランドルが縦に並んだコート上。トッピンは左手を使いながら、跳び箱のように足を広げ、2人を跨いで飛び越えた。勢いそのままに、右手に持ったボールをリングへ。豪快なダンクに成功した。

 トッピンは昨年のドラフト1巡目、全体8位でニックスに指名された23歳。ダンクコンテストで決めた“2人越え”の実際の動画をNBA公式インスタグラムが公開。「オビ・トッピンは彼の父親とジュリアス・ランドルを飛び越えた」と文面で伝えている。

 米ファンからは「とてもクール」「彼が絶対勝っていたでしょ」「1回のジャンプで2人を越えたか」「ナンバーワンだった」「伝説的だ」「優勝じゃないのはおかしい」「なぜ負けたんだ」「最高のダンク」などとコメントが寄せられている。優勝こそトレイルブレイザーズのアンファニー・シモンズに譲ったものの、トッピンのダンクも高い評価を集めているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集