[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

デシャンボーがパー5で1オン寸前 湖越え“370yドライバー”に米驚愕「ウソでしょ!!」

米男子ゴルフツアー、アーノルド・パーマー招待は6日(日本時間7日)、3日目が行われた。ブライソン・デシャンボー(米国)は4つスコアを伸ばし、通算10アンダーで2位に浮上。世界屈指の飛ばし屋が6番のパー5で放った、湖を一気に越える飛距離370ヤードのドライバーショットが驚愕を呼んでいる。PGAツアーが動画付きで公開。米ファンからは「ウソでしょ!!」「たまげたな!」などと反響が集まっている。

通算10アンダーで2位に浮上したブライソン・デシャンボー【写真:AP】
通算10アンダーで2位に浮上したブライソン・デシャンボー【写真:AP】

米ツアー屈指の飛ばし屋が魅せたショットにファン興奮

 米男子ゴルフツアー、アーノルド・パーマー招待は6日(日本時間7日)、3日目が行われた。ブライソン・デシャンボー(米国)は4つスコアを伸ばし、通算10アンダーで2位に浮上。世界屈指の飛ばし屋が6番のパー5で放った、湖を一気に越える飛距離370ヤードのドライバーショットが驚愕を呼んでいる。PGAツアーが動画付きで公開。米ファンからは「ウソでしょ!!」「たまげたな!」などと反響が集まっている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 これぞデシャンボーというべき、圧巻のショットだ。6番のロングホール。コースの全長は531ヤードあるが、大きく湾曲。湖を反時計回りに半周する形状だ。ティーグラウンドからグリーン方向は全面大きな湖で、通常はコースなりに刻む。だがデシャンボーは、果敢に1オンを狙った。

 湖へ向かって、デシャンボーはドライバーを全力で振り抜いた。放たれたボールはフォローの風にも乗って湖を越えていく。デシャンボーには確信があったのか、フィニッシュの瞬間、叫びながらド派手なガッツポーズを繰り出した。

 見事にハザードを越えると、グリーン右のラフまで到達。飛距離は370ヤードだった。パー5での1オンという偉業はならなかったが、飛ばし屋デシャンボーが魅せた凄まじい飛距離のショットに、米ファンも湧いている。

 PGAツアー公式ツイッターは「370ヤード。2003以来、6番での最長ドライブ」と題してデシャンボーのショットに動画付きで脚光を浴びせると、米ファンからは「現実離れしてる」「凄い」「美しいショット」「ウソでしょ!!」「たまげたな!」「とんでもない…」「これ最高」などと驚愕の声が続々集まっている。

 デシャンボーは2打目で寄せられず、3オン1パットのバーディーだったが、挑戦する姿勢は大いに称えられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集