[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

シニア超え好スコアで優勝も 13歳逸材をエテリ氏が叱責したワケ「笑顔はどこ?またよ」

フィギュアスケートのロシアカップファイナル、ジュニア女子シングルでは13歳のソフィア・アカチエワが、フリーでは4回転2本と3回転アクセルを成功させ、合計241.04点というハイスコアで優勝。これはシニア女子を制した14歳カミラ・ワリエワの得点(238.00点)を超える快挙だったが、指導する名伯楽エテリ・トゥトベリーゼ氏はアカチエワに対して不満げな表情を浮かべていたという。一体なぜなのか。露メディアが報じている。

エテリ・トゥトベリーゼ氏【写真:Getty Images】
エテリ・トゥトベリーゼ氏【写真:Getty Images】

13歳アカチエワはワリエワを上回る高得点で優勝も…エテリ氏は不満げ

 フィギュアスケートのロシアカップファイナル、ジュニア女子シングルでは13歳のソフィア・アカチエワが、フリーでは4回転2本と3回転アクセルを成功させ、合計241.04点というハイスコアで優勝。これはシニア女子を制した14歳カミラ・ワリエワの得点(238.00点)を超える快挙だったが、指導する名伯楽エテリ・トゥトベリーゼ氏はアカチエワに対して不満げな表情を浮かべていたという。一体なぜなのか。露メディアが報じている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 よくも、これほどの才能が次々と登場するものだ。アカチエワが圧巻の演技でロシアジュニアの頂点に立った。それも14歳とはいえ、シニア女子を制したワリエワのスコアを超えたのだからすごい。

 だが数々の逸材を育ててきたトゥトベリーゼコーチはなぜか不満げなのだという。実際に演技後に笑顔一つない同コーチの表情が捉えられている。何が気に食わなかったのか。

 ロシアのスポーツ紙「スポルトエクスプレス」でもその点に着目。同紙によると、トゥトベリーゼ氏にとって、アカチエワの感情面での表現が足りていないと感じていたようだ。

「トゥトベリーゼ氏は自身の教え子の足りないところを探した」というサブタイトルがつけられた記事では、「トゥトベリーゼ氏はアカチエワに対して(演技における)感情面への不満を持っていた。アカチエワが(フリーを)滑り終えたすぐ後にトゥトベリーゼ氏は、演技中はもっと笑顔を見せないといけないと言って彼女を厳しくたしなめた」と説明している。

 さらにキスアンドクライでの2人のやり取りにも注目。「トゥトベリーゼ氏は振付の微細な点をアカチエワと活発に議論した、特に激しい議論が最後のステップの部分に関してなされた。ある瞬間に、アカチエワは耐えられなくなり冗談か本気かは分からないが『分かりました、もう十分です!』と言った。アカチエワの憤慨は理解できる、彼女はほんとにシーズンのベストの演技を見せたのだから」と同紙はアカチエワに同情しつつ、状況を描写していた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集