[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ぽっちゃり元ヘビー級王者がスリム化 激変ぶりに英メディア仰天「衝撃的な変身」

ボクシングの前WBAスーパー&IBF&WBOヘビー王者のアンディ・ルイスJr.(米国)の激やせが話題を呼んでいる。ぽっちゃり体形で知られ、2019年12月の試合では自身最重量の128.4キロを記録し、敗北を喫していた。試合からは遠ざかっているが、英メディアではルイスが見違えるようにシェイプアップされた動画を投稿。「衝撃的な変身姿を披露」などと驚きつつ、脚光を浴びせている。

アンディ・ルイスJr.【写真:Getty Images】
アンディ・ルイスJr.【写真:Getty Images】

ジョシュア戦で太りすぎ敗戦、ルイスの激変に英メディア注目

 ボクシングの前WBAスーパー&IBF&WBOヘビー王者のアンディ・ルイスJr.(米国)の激やせが話題を呼んでいる。ぽっちゃり体形で知られ、2019年12月の試合では自身最重量の128.4キロを記録し、敗北を喫していた。試合からは遠ざかっているが、英メディアではルイスが見違えるようにシェイプアップされた動画を投稿。「衝撃的な変身姿を披露」などと驚きつつ、脚光を浴びせている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 まるで別人だ。以前はでっぷりと太り、トランクスの上にお腹周りの贅肉が乗っかるような体形だったが、まん丸だった顔もすっきりとし、何よりお腹周りの贅肉もかなりシェイプアップされている。

“デストロイヤー(破壊者)”の異名をとる、ルイスはダイエットに成功したようだ。英ラジオ局「トークスポーツ」では「アンディ・ルイスJr.が復帰戦に先立ち、カネロ・アルバレスのトレーナーとともに20ポンド落とした後、衝撃的な変身姿を披露」との見出しで激変ぶりをレポートしている。

 2019年12月、アンソニー・ジョシュア(英国)との再戦では128.4キロまで増えてしまい敗北。当時、海外メディアでは太りすぎを指摘されていた。

 記事でも「彼は(アンソニー・ジョシュア)との再戦に、パーティーや準備不足などで、1ストーン(約6キロ)増やしてきた」と振り返った上で、今回の減量成功には「しかし彼はカネロ・アルバレスのトレーナーである、エディ・レイノソのチームに加入。減量した姿を披露した」と説明を加えている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集