[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メキシコ主審が得点を“阻止” まさかのクリア映像が反響拡大「良くやったぞ(笑)」

メキシコで行われたサッカーの試合で、主審がゴールを“阻止”する珍事が話題を呼んでいる。現地時間20日に行われたメキシコ・リーガMXのクルス・アスルとトルーカの一戦。がら空きのゴールへ打ったシュートが、主審の脚に当たり枠外へ。見事な“守備”を海外メディアが動画付きで公開すると、ファンからは「12人対11人」などとコメントが書き込まれていたが「良くやったぞ(笑)」「何だこりゃ」と反響はさらに拡大している。

メキシコで主審がゴールを“阻止”する珍事が起きた【写真:Getty Images】
メキシコで主審がゴールを“阻止”する珍事が起きた【写真:Getty Images】

海外サッカーでの珍事にファン「ノールックディフェンスだ」

 メキシコで行われたサッカーの試合で、主審がゴールを“阻止”する珍事が話題を呼んでいる。現地時間20日に行われたメキシコ・リーガMXのクルス・アスルとトルーカの一戦。がら空きのゴールへ打ったシュートが、主審の脚に当たり枠外へ。見事な“守備”を海外メディアが動画付きで公開すると、ファンからは「12人対11人」などとコメントが書き込まれていたが「良くやったぞ(笑)」「何だこりゃ」と反響はさらに拡大している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 まさかの出来事だった。前半36分、2-0とリードしたクルス・アスルのルイス・ロモがディフェンスの裏をとった。ゴール前、飛び出してきた相手GKをワンタッチでかわし、がら空きのゴールへシュート。右ポストを叩いて跳ね返ったところに、同僚ホナタン・ロドリゲスが反応。追加点は確実……と思われた次の瞬間だ。

 ロドリゲスのシュートは、なんとコースに入ってきた主審の脚に当たって枠外へ。思わぬ形で3点目を逃した。納得いかないロドリゲスは両手を広げて抗議。チームメートたちも苦笑いで近づいたが、判定が変わることはなかった。

 実際の映像を、英1部プレミアリーグなど主要リーグを含めた様々な地域に注目する米スポーツ専門局「ESPN」のサッカー専門インスタグラムが公開。文面に「審判にリバウンドを邪魔された」などとつづられた投稿には、海外ファンから「12人対11人」などとコメントが書き込まれていたが、反響はさらに拡大している。

「何だこりゃ」
「レフェリーが退場になるべき」
「1本目決めろよ」
「ビデオゲームかと思った」
「良くやったぞ、審判(笑)」
「ノールックディフェンスだ」
「まぬけな審判だ」

 ゴール前に戻っていたDFがクリアする可能性もあったものの、主審によって助けられた形となったトルーカはこの後奮起。2点を決めて同点とした。しかし、後半にクルス・アスルが決勝点を奪い、3-2で勝利した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集