[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは逆転負けしない 4大大会セット先取で勝率98%、米指摘「唯一の敗戦は…」

テニスの全豪オープン女子シングルスで大坂なおみ(日清食品)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。最新の世界ランクで2位となった23歳には海外メディアからも注目が集まっているが、米メディアは「全豪オープン優勝で成し遂げた10のこと」を紹介。第1セットをとった試合での勝率などに言及している。

大坂なおみ【写真:AP】
大坂なおみ【写真:AP】

米メディアが第1セットをとった試合の勝率に注目

 テニスの全豪オープン女子シングルスで大坂なおみ(日清食品)が2年ぶり2度目の優勝を果たした。最新の世界ランクで2位となった23歳には海外メディアからも注目が集まっているが、米メディアは「全豪オープン優勝で成し遂げた10のこと」を紹介。第1セットをとった試合での勝率などに言及している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 セリーナ・ウィリアムズ、ジェニファー・ブレイディ(ともに米国)、ガルビネ・ムグルサ(スペイン)など強敵を倒して全豪Vを成し遂げた大坂。米専門メディア「テニス.com」は「大坂なおみが全豪オープン優勝で成し遂げた10のこと」と見出しを打って記事を掲載している。

 グランドスラムで準々決勝進出すれば負けなし、公式戦21連勝、世界ランク2位再浮上などとともに紹介されているのが、「彼女はキャリアにおいて、グランドスラムで第1セットをとった試合では45勝1敗」というものだ。

 大坂は4大大会の試合で、第1セットをとった試合では勝率98%という驚異的強さを誇るという。逆転負けが少ないようだが、記事では「唯一の敗戦は、2016年の全仏オープン3回戦でシモナ・ハレプ(ルーマニア)に6-4、2-6、3-6で敗れたもの」と伝えられている。

 また、同メディアは「彼女はここ40試合中、第1セットをとった試合では39勝している」と最近40試合に限っても第1セットをとった試合で強さを発揮している点にも言及。2019年5月中旬からの唯一の黒星については「2020年のブリスベン国際準決勝で、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)に7-6、6-7、2-6で敗れたもの。その試合の第2セットではマッチポイントを掴んでいた」と紹介されている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集