[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キリオスがラケット破壊&客席投げ入れ 全豪前哨戦で苦悩吐露「準備するのは難しい」

男子テニスのマレーリバー・オープンは5日、シングルス3回戦でニック・キリオス(オーストラリア)がボルナ・チョリッチ(クロアチア)に0-2(3-6、4-6)で敗れた。キリオスはこの試合で、ラケットを破壊して客席に投げ入れるという一幕も。ラケットを叩きつけた実際の動画を海外メディアが公開。キリオスは「準備することは難しい。簡単じゃないんだ」などと苦悩を語ったという。

ニック・キリオス【写真:AP】
ニック・キリオス【写真:AP】

マレーリバーOP3回戦で敗戦「簡単じゃないんだ」

 男子テニスのマレーリバー・オープンは5日、シングルス3回戦でニック・キリオス(オーストラリア)がボルナ・チョリッチ(クロアチア)に0-2(3-6、4-6)で敗れた。キリオスはこの試合で、ラケットを破壊して客席に投げ入れるという一幕も。ラケットを叩きつけた実際の動画を海外メディアが公開。キリオスは「準備することは難しい。簡単じゃないんだ」などと苦悩を語ったという。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 感情が爆発した。キリオスは1セットを落として迎えた第2セット、4-4の場面で返球をネットにかけると、何やら言葉を発しながら納得いかない様子を見せる。ここで主審から注意を受けたがその後、サービスゲームをブレークされると、右手で思い切りラケットを叩きつけた。コートに転がったラケットは、フレーム部分がぐにゃりと曲がっている。

 実際の動画を豪メディア「ナイン・デジタル」のスポーツ情報サイト「ワイド・ワールド・オブ・スポーツ」がツイッターに公開。また、米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」は「全豪OPの前哨戦で、ニック・キリオスがラケットを破壊し、それを客席に投げ込んだ」と見出しを打って記事を掲載している。

 記事によると、キリオスは第1セット終盤に膝の治療を受け、第2セットで暴言を吐いて主審から注意を受けていたという。そして破壊したラケットを拾い上げ、客席へと投げ入れたとも伝えられている。キリオスは試合後「大きな疑問の残るものになった。完全に健康な状態だとしても準備することは難しい。簡単じゃないんだ」と苦悩を語っていたという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集